アルツハイマー病マウスの脳機能を回復①

2018年02月16日 14時00分00秒
アルツハイマー病になったマウスの脳機能を科学者たちが回復することに成功
February 16, 2018 14: 00: 00 second
Scientists succeeded in restoring brain function of Alzheimer’s disease mice

アルツハイマー病とは脳が萎縮することに伴い認知機能低下や人格の変化といった症状を引き起こす病。現代の医療ではアルツハイマー病を完治させることは不可能で、ビル・ゲイツ氏が総額113億円をアルツハイマー病の研究に投資するなど、多くの人々が治療法の発見を待ち望んでいる病でもあります。そんな中、「アルツハイマー病にかかったマウスの脳を元通りにした」とクリーブランド・クリニック・ラーナーリサーチ研究所の研究チームが発表しました。
Alzheimer’s disease is a disease that causes symptoms such as cognitive decline and personality change accompanying atrophy of the brain. In modern medicine it is impossible to cure Alzheimer’s disease and Bill · Gates invests a total of 11 billion yen in research on Alzheimer’s disease, so many people are longing for the discovery of therapy. Meanwhile, the research team of the Cleveland Clinic Learner Research Institute announced, “I restored the brains of mice with Alzheimer’s disease.”

アルツハイマー病の初期症状の一つに、脳内にタンパク質の一種であるベータアミロイドペプチドが蓄積した「アミロイド斑」を生み出すというものがあります。アミロイド斑はアルツハイマー病患者の神経細胞を徐々に殺していき、脳機能に重大な影響を与えていると考えられています。
One of the earliest symptoms of Alzheimer’s disease is the creation of “amyloid plaques” accumulating beta-amyloid peptide, a kind of protein in the brain. It is thought that amyloid plaques gradually kills nerve cells of Alzheimer’s disease patients and has a serious effect on brain functions.

研究チームはアミロイド斑の形成に関わるベータアミロイドペプチドの生成に関わっている、BACE1という酵素着目しました。BACE1はアミロイドに働きかけ、有害なベータアミロイドペプチドを生産してしまうため、「BACE1自体の働きを阻害すればアミロイド斑の生成を防げるはずだ」と研究チームは考えたのです。
The research team focused on the enzyme BACE 1, which is involved in the production of beta amyloid peptide involved in the formation of amyloid plaques. As BACE 1 acts on amyloid and produces harmful beta amyloid peptide, the research team thought that “If you inhibit the function of BACE 1 itself, it should prevent the generation of amyloid plaques.”

しかし、BACE1はアミロイド以外のタンパク質に働きかける役割も持っており、働きを阻害することで重大な副作用を引き起こしかねないとも考えられています。そこで研究チームは誕生後75日でアミロイド斑を形成し、やがてアルツハイマー病の発症に至るであろう遺伝子を持つマウス群に対し、成長するに従って徐々にBACE1の働きを阻害する遺伝子を組み込みました。その結果、75日齢時点で脳内にアミロイド斑を形成していたマウスが、10カ月齢時点ではアミロイド斑の形成がストップし、すでに形成されていたアミロイド斑も消失していたという研究結果が得られたとのこと。アミロイド斑が除去されたマウスはアルツハイマー病を発症することもなく、認知機能に問題はなかったそうです。
However, BACE 1 also plays a role in affecting proteins other than amyloid, and it is thought that inhibiting work may cause serious side effects. Therefore, the research team formed amyloid plaques 75 days after birth, and gradually incorporated a gene that inhibits the function of BACE 1 as it grows to a mouse group having a gene that would lead to the onset of Alzheimer’s disease. As a result, it was found that the study that mice forming amyloid plaques in the brain at the age of 75 days stopped the formation of amyloid plaques at the age of 10 months, and the already formed amyloid plaques also disappeared It is said that it was obtained. Mice with amyloid plaques removed do not develop Alzheimer’s disease, and there seems to be no problem with cognitive function.

Pocket



最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければうれしいです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ