アルツハイマー病マウスの脳機能を回復②

「今回の研究により、BACE1の阻害によって新たなアミロイド斑の形成防ぐだけでなく、一度形成されたアミロイド斑を消失させることもできると判明した」と研究チームは発表しています。また、BACE1を阻害することによる副作用が心配されていたマウスでしたが、目に見えて健康に問題があるとは確認できなかったそうです。研究者たちはこの結果を一定の成果としながらも、「現状ではマウスの実験でしか成功しておらず、人間に対して治療を施したときにどのような影響が出るのかは未定だ。BACE1は体の形成に寄与する物質でもあり、完全に抹消したときに起こる副作用を懸念する必要がある」と述べ、今後も慎重に実験を進める必要があるとしています。
“The study found that inhibition of BACE 1 not only prevents the formation of new amyloid plaques, but can also eliminate once formed amyloid plaques,” the research team has announced. In addition, it was a mouse that was worried about side effects caused by inhibiting BACE1, but it seems that it could not be confirmed that there was a problem with health visibly. While making this result a certain outcome, researchers said, “Currently it has been successful only in mouse experiments and it is undecided what kind of effect will be exerted when treating humans.BACE 1 It is also a substance that contributes to the formation of the body and it is necessary to concern about the side effect that occurs when it is completely erased. “It is said that it is necessary to continue the experiment carefully in the future.

しかし、アミロイド斑を形成し始めた生後75日の時点では、マウスはまだ「アルツハイマー病を発症していた」状態であったとは言い切れず、あくまでも「今後アルツハイマー病を発症するであろう」と推定される状態に過ぎなかったとのこと。人間の場合も、アミロイド斑の蓄積が必ずしもアルツハイマー病の発症に結びつくわけではなく、アミロイド斑が一定以上蓄積されてもアルツハイマー病を発症しないケースがあります。
However, at the age of 75 days after the start of formation of amyloid plaque, it was not possible to conclude that the mouse was still “having developed Alzheimer’s disease”, and only “I will develop Alzheimer’s disease in the future” He said that he was only an estimated state.Even in humans, accumulation of amyloid plaques does not necessarily lead to the onset of Alzheimer’s disease, and there are cases where Alzheimer’s disease does not occur even if amyloid plaques are accumulated above a certain level.

今回の研究も「アルツハイマー発症後のマウスを回復させたというよりは、「将来アルツハイマー病の発症が予想されるマウスに介入し、蓄積されたアミロイド斑を除去したことで、アルツハイマー病の発症予防した」というべき。ですが、この研究結果は「マウスにおけるアルツハイマー病の発症因子が決して不可逆なものでなく、将来の発症が予想されると診断した後に介入可能」であることを示した点に意義があると考えられます。
Rather than saying “I am recovering mice after onset of Alzheimer’s disease”, this research also said, “By intervening in a mouse that is predicted to develop Alzheimer’s disease in the future and removing accumulated amyloid plaques, the onset of Alzheimer’s disease It should be said that it prevented it. However, the findings of this study seem to be meaningful in showing that it is meaningful that “the onset factor of Alzheimer’s disease in mice is never irreversible and can be interventioned after it is diagnosed that future onset is expected” Yes.

 

Pocket





最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければうれしいです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ