がん細胞:赤い光で死滅 薬剤、遺伝子狙い撃ち 甲南大

赤い光で化学反応を起こす薬剤をがん細胞に取り込ませ、がん遺伝子の一つ「N(エヌ)RAS(ラス)」を狙い撃ちにする実験に成功したと、甲南大(神戸市)の研究グループが11日発表した。がんの増殖関わるNRASたんぱく質が大幅に減少し、ほとんどのがん細胞が死滅したという。論文は同日、英オンライン科学誌「ネイチャーコミュニケーションズ」に掲載された。
I succeeded in experimenting to aim for a drug that causes a chemical reaction with red light into cancer cells and aimed at one of the oncogenes “N (n) RAS (ras)”, a study of Konan University The group announced on 11th. NRAS protein involved in cancer proliferation was greatly reduced, and most cancer cells were killed. The paper was published on the same day in the online science magazine “Nature Communications”.

研究グループは、NRASたんぱく質の設計図となるメッセンジャーRNA(mRNA)という分子が「四重らせん」と呼ばれる特殊な構造を持ち、赤い光で反応する薬剤「ZnAPC」が結合することを突き止めた。
The research group found that a molecule called messenger RNA (mRNA), which is a design drawing of NRAS protein, has a special structure called “quadruple helix” and a drug “ZnAPC” that reacts with red light binds.

この薬剤はがん細胞に集まりやすく、赤い光を当てるとNRASのmRNAが破壊され、がん細胞が死滅した。多くのがん細胞ではNRASが異常に働いて細胞を増殖させている。実験の成功で、患者への負担が少ない新たながんの治療法につながる可能性が示された。
This drug is likely to gather in cancer cells, and when red light is applied, NRAS mRNA is destroyed and cancer cells are killed. In many cancer cells, NRAS abnormally works to proliferate cells. The success of the experiment showed the possibility of leading to a new treatment for cancer with less burden on patients.

NRASは、主要ながん遺伝子「RAS」の一種。RASたんぱく質を標的とする治療薬は世界中で研究が精力的に進められているが、実現していない。
NRAS is a type of major cancer gene “RAS”. Research on therapeutic drugs targeted to RAS protein is being advanced vigorously worldwide, but it has not been realized.

研究グループの三好大輔・甲南大教授(分子設計化学)は「実用化に向け、マウスでの実験を計画している」と話している。【根本毅】
Research group Daisuke Miyoshi, Professor Konan University (Molecular Design Chemistry) said, “We are planning experiments with mice for practical use.” Takeshi Nemoto

毎日新聞 2018/06/12

Pocket





最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければうれしいです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ