より多くのセックスを持つ10の健康上の利点③

It boosts your immunity.
Having regular sex may also help you fight off disease.
Researchers at Pennsylvania’s Wilkes University asked US college students how often they had sex each week and then compared the levels of immunoglobulin A, an antibody that functions as the body’s first line of defense, in their saliva.
Reasons for avoiding sex are often treatable
Reasons for avoiding sex are often treatable
それはあなたの免疫力を向上させます。
定期的なセックスをすることはまた、病気戦うのを助けるかもしれません。
ペンシルバニア州のウィルケス大学の研究者は、米国の大学生に毎週セックスをした頻度を尋ね、身体の第一の防御線として機能する免疫グロブリンAのレベルを唾液中で比較した。
セックスを避ける理由はしばしば治療可能です
セックスを避ける理由はしばしば治療可能です

Students who had sex once or twice a week had the highest levels of immunoglobulin A: 30% higher than those who had no sex, but also those who had sex three or more times a week. In addition, students who were in longer-term, satisfying relationships had the highest levels of the antibody.
That makes sense when you consider research on social support and the immune system. A study of 276 healthy volunteers at the University of Pittsburgh found that those with the most diverse social networks, including not just lovers but family, friends and organizations, were the least likely to catch colds.
セックスを1週間に1回または2回受けた学生は、最高レベルの免疫グロブリンAを有し、セックスをしていない人よりも30%高かったが 、週に3回以上セックスをした人もあった。加えて、長期的かつ満足のいく関係にある学生は、最も高いレベルの抗体を有していた。
あなたが社会的支援と免疫システムに関する研究を考えているときにそれは意味があります。研究ピッツバーグ大学の276人の健康なボランティアのではないだけでなく、愛好家、家族、友人や団体を含む最も多様な社会的ネットワークを有するものは、風邪をキャッチする可能性が最も低いことがわかりました。

Pocket



最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければうれしいです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ