近未来のクルマはこうなる? ホンダ クラリティPHEV  (完)

クラリティPHEVのパワートレインはシリアル(直列) ハイブリッドだ。搭載された1.5Lの4気筒ガソリン・エンジンは発電機として、バッテリーを充電する。
パワートレインは、2モーターのプラグインハイブリッドシステム。電気モーターが主としてクルマを動かしている。これは、たとえばトヨタ・プリウスのハイブリッドのような、ガソリン・エンジンも電気モーターもどちらもトランスミッションに直結しているパラレル(並列)・ハイブリッドとは対象的だ。
Clarity PHEV’s powertrain is a serial hybrid. The installed 1.5 L 4-cylinder gasoline engine charges the battery as a generator.
Powertrain is a two-motor plug-in hybrid system. Electric motors are mainly driving the car. This is targeted for parallel (parallel) hybrids, such as hybrids of the Toyota Prius, both gasoline engines and electric motors are directly connected to the transmission.

クラリティの184psの総合出力と315Nmのトルクは速くはないけど、十分だと言える。0-100km/hの加速は、7.8秒と大型セダンそこそこかな。
アメリカの厳しいEPAの発表では「クラリティPHEVはEVモード走行では77km」とされているが、ホンダの日本国内のカタログを見ると、一回の充電で走れる距離は114kmになっている。これは、トヨタ・プリウスの68kmと比べると、ホンダのシステムはどれだけ優れているかがわかる。
Although Clarity’s total output of 184 ps and the torque of 315 Nm are not fast, it can be said that it is enough. Acceleration of 0-100 km / h is 7.8 seconds and the large sedan is reasonable.
According to the announcement of strict EPA in the United States, “Clarity PHEV is 77 km in EV mode traveling”, but when looking at Honda’s domestic catalog, the distance that can run with one charge is 114 km. Compared with the 68 km of Toyota Prius, this shows how good the Honda system is.

クルマの航続距離を計算するのは、実はなかなか難しい。たとえば1日に走行する距離が平均して80km以下で、帰宅して充電するという人なら、ほとんどガソリンは消費しない。それなら航続距離は簡単に1000kmを超えるだろう。いや、数千kmになるかも知れない。
クラリティは静かで乗り心地がしなやかで、パワーを自由自在に伝達するので、気持ちのいい走りを提供してくれる。
Calculating the cruising distance of a car is actually quite difficult. For example, if people traveling on a day average 80 km or less, and those who go home and charge home will almost not consume gasoline. Then the cruising distance will easily exceed 1000 km. No, it may be several thousand kilometers.
Clarity is quiet, ride comfort is supple, and power is freely transmitted, so it provides a pleasant run.

2トン以上の重量をもつこのセダンは意外にフラットにコーナリングし、ボディロールが少ない。バッテリーパックやモーターがボディの低い場所に設置されているからだ。風切り音やタイヤノイズは低いし、回生ブレーキのペダルフィールは期待していた以上に自然で、しかも効きも良い。
室内はアコードを思わせるような、上質で、多少保守的なスタイリングになっている。ウッドのインパネ周りと本革のシートは見た目にも高級感があり、座り心地もワンランク上の快適性と言える。
This sedan with a weight of 2 tons or more unexpectedly cornering and less body roll. Battery packs and motors are installed in low body areas. The wind noise and the tire noise are low, and the pedal feel of the regenerative brake is more natural and more effective than I expected.
The interior is like high quality, somewhat conservative styling that makes you remember Accord. The wood’s instrument panel surroundings and genuine leather seats have a high-quality appearance, and comfort is also a notch comfort above seating comfort.

スイッチ類もシンプルで、運転席からは楽にいじることができる。しかも、ギアセレクターはアコードから流用された真っ平らなもの。これは、好き嫌いがはっきりしそうだ。
588万円のクラリティPHEVは、多いに市場に訴える力があると思う。燃料電池仕様、EV仕様とは違い、PHEV仕様の航続距離は軽く1000kmを超えるし、走りもそこそこ高級、かつスポーティだし、質感のレベルはアコード以上だ。
The switches are simple, and you can easily adapt from the driver’s seat easily. Besides, the gear selector is a flat thing diverted from Accord. This seems obvious and disliking.
Clarity PHEV of 5,880,000 yen, I think there is much power to appeal to the market. Unlike fuel cell specifications and EV specifications, the range of PHEV specifications is lighter than 1000 km, running is also luxurious and sporty, and the level of texture is above the Accord.

結局、クラリティPHEVが成功するか否かは、賛否両論の外観スタイリングがどれだけ市場に受け入れられるかにかかっている。
After all, whether Clarity PHEV succeeds or not depends on how much the appearance styling of pros and cons are acceptable to the market.

Pocket



最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければうれしいです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ