近未来のクルマはこうなる? ホンダ クラリティPHEV ①

昨年の春、ニューヨーク国際オートショーで発表されたホンダ・クラリティは、燃料電池仕様、EV仕様そしてPHEV(プラグイン・ハイブリッド)仕様の3種類だった。 それは、これから世界のメーカーがどの方向へ進もうとしているのかを、明確に示していた。
In the spring of last year, Honda Clarity announced at the New York International Auto Show was three types, fuel cell specification, EV specification and PHEV (plug-in hybrid) specification. That clearly indicated in what direction the world makers are going to advance in the future.

クラリティのメイン市場になるアメリカで、ニューヨークショーの直後に発売されたのは、水素を燃料とする燃料電池のクラリティだった。生産台数は米国で5000台以下だったが、静粛でスムーズ、車重は2トンを超えるものの、重めのアコードのような走り。しかし、肝心の水素ステーションはカリフォリニア州にわずか35カ所ほどしかない。従って燃料電池仕様のクラリティは成功とはいかなかった。
In the United States becoming the main market of Clarity, what was released just after the New York show was clarity of fuel cell fueled with hydrogen. Production volume was less than 5000 units in the US, but it was quiet and smooth, and although the weight of the car exceeded 2 tons, it was like a heavy Accord. However, there are only 35 hydrogen stations in California state. Therefore, the fuel cell specification’s clarity was not successful.

それからしばらくして、こんどは第2弾、 EV車、つまり電気仕様がカリフォルニア州やオレゴン州などに登場した。こちらも性能も走行性も素晴らしかったものの、航続距離がEPA(米国環境保護庁)の基準で89マイル(142km)だったため、はやり現実的ではなかった。
さて、2018年になって第3弾。ついにメイン・イベントとして今年の夏に日本にも現れたのは、PHEVだ。これはビッグ・ニュースとなった。 PHEVは、ガソリン・エンジンを駆動ではなく、発電機として搭載している。
After a while, next time, the EV car, the electric specifications appeared in California state, Oregon state etc. Although performance and runnability were excellent here as well, the cruising distance was 89 miles (142 km) according to EPA (US Environmental Protection Agency) standards, so it was not realistic anymore.
Well, the third in 2018. Finally it appeared in Japan this summer as a main event, PHEV. This became big news. PHEV is not driving a gasoline engine, but as a generator.

端的にいえば、クラリティPHEVは、エンジン付きEVだ。電欠の心配がもっとも少ない、現実的なシステムだから、もちろん一番多くのユーザーにアピールした。PHEVの美味しいところは、主な駆動方式が燃料電池車やEV車とほとんど同様の走りができることだ。つまり、電気モーターで走ること。
スタイリングは、燃料効率が最もよい流線型のエアロダイナミック・ボディを採用している。セダンは、現在のホンダらしい日本刀をイメージさせるシャープなグリルで、エッジはすっきりと立ち上がり、全方向に吸い込まれていく。
Briefly, Clarity PHEV is an EV with engine. Of course, I appealed to the most users, as it is a realistic system with the least worry about electricity. The delicious thing about PHEV is that the main driving method can run almost the same as fuel cell vehicles and EV vehicles. In other words, running with an electric motor.
Styling employs a streamlined aerodynamic body with the best fuel efficiency. The sedan is a sharp grill that makes the image of the current Honda-like sword imaginable, the edge rises cleanly and is sucked in all directions.

未来的でありながら、なぜかレトロ感もあり、映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー2」、さらには「トータル・リコール」に出てくるようなクルマを思わせる。そう、30年前の映画制作者たちが、その時点で想像した未来のクルマっぽいのだ。
Despite being futuristic, there is also a retro feel for some reason, reminiscent of the car that appears in the movie “Back to the Future 2” and even “Total Recall”. Yes, movie makers of thirty years ago were like the car of the future imagined at that time.

Pocket



最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければうれしいです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ