AKB48総選挙の総括:気になる島崎遥香は卒業を考えている?

6月18日の開票イベントは、周知のとおりHKT48の指原莉乃が、選抜総選挙始まって以来の連覇を達成したわけだが、スピーチで協調していたのは、

「私はあっちゃん(前田敦子)や(大島)優子ちゃんや(渡辺)麻友ちゃんと違って企画モノと呼ばれてもおかしくない、私でもそう思っています。だけどいままで、1位をとってきたメンバー同様、ファンとの絆は熱いと思っています。なので、私の1位は当たり前じゃありません。私のファンが無理に無理を重ねて頑張ってくれた1位です。」

選抜総選挙は、シングルを歌うメンバーの決定権が運営側に握られていることへの、ファンの不満を受けて始められたものだ。そう考えると、選抜総選挙でしかシングル曲のセンターポジションに選ばれたことがない指原は、総選挙の本来の主旨に適応したキャラクターといえる。彼女自身、そのことに自覚的であり、AKB48の本流は、渡辺麻友たちだと認めているようでもある。

その渡辺は、最終的に2位に終わったが、開票後のスピーチで1位との差を、「あの壁はすごい高いな」「あれはもう誰も越えられないな」と表現してみせた。彼女が実力や人気で指原に劣るというわけでは決してないはずで、トップアスリートでも、オリンピックで金メダルを取れなかった浅田真央のように、お祭り特有の魔力があるのかもしれない。

にゃんにゃん仮面に扮して出馬して、その正体が一体誰なのかと憶測が飛び交う中、ワンワン警察(OGの大島優子)に捕まる前にあいさつをさせてほしいという演出で、そのマスクを外して正体を明かした小島陽菜(AKB48チームA)だが、
「私、小島陽菜はAKB48をやっと卒業します!(笑)」
(観客)えー?
「声が小さい!」
にゃんにゃん流の卒業発表であった。

入山杏奈が今回自己最高位の18位。44位で初めてランクインした須藤凜々花(NMB48チームN)。岡田奈々(AKB48チーム4)が14位でみごと選抜入りを果たした。昨年結成のNGT48から加藤美南(チームNIII)が76位でランクインした。25位に入ったNMB48の沖田彩華(チームM)。31位で初のランクインした(SKE48)の竹内彩姫(チームKII)。同じチームから30位に入った惣田紗莉渚。61位で圏外から返り咲いた西野美姫(AKB48チーム4)。9位、児玉遥(HKT48チームH・AKB48チームK兼任)。13位、向井地実音(AKB48チームK)。15位、高橋朱里(AKB48チーム4)。

34位の倉野尾成美(AKB48チーム8)と45位の田中美久(HKT48チームH)は、いずれも今年4月に大地震に見舞われた熊本出身とあって、スピーチのなかで、「熊本のためにも頑張りたい」と語った。

4月にグループ総監督を卒業した高橋みなみの後を受けた、11位の横山由依(AKB48チームA)。

8位の島崎遥香(AKB48)は、またまた神7入りを逃し須田亜香里(SKE48)に負けるという屈辱を味わったが、ファンへの対応の悪さや、圧倒的な強さで2連覇を果たした指原莉乃と犬猿の仲のようでもあり、今回の総選挙で一触即発のトラブルの火種をさらに抱えてしまったようだ。

(MSNニュースより)

Pocket



最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければうれしいです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ