イーロン・マスク( Elon Musk)⑬

Hyperloop
Main articles: Hyperloop and Hyperloop pod competition
On August 12, 2013, Musk unveiled a concept for a high-speed transportation system incorporating reduced-pressure tubes in which pressurized capsules ride on an air cushion driven by linear induction motors and air compressors.[118] The mechanism for releasing the concept was an alpha-design document that, in addition to scoping out the technology, outlined a notional route where such a transport system might be built: between the Greater Los Angeles Area and the San Francisco Bay Area.[119]
ハイパーループ
主な記事:ハイパーループとハイパーループのポッドコンペ
Musk氏は、2013年8月12日、リニア誘導モータとエアコンプレッサーによって駆動されるエアクッションに加圧カプセルを乗せた減圧チューブを組み込んだ高速輸送システムのコンセプトを発表しました。このコンセプトを公開するための仕組みは、技術の範囲に加えて、そのような移送システムが構築されるかもしれない概念上のルートを概説したアルファ – デザイン文書であった:グレーター・ロサンゼルス・エリアとサンフランシスコ・ベイエリア。 ]

After earlier envisioning Hyperloop, Musk assigned a dozen engineers from Tesla and SpaceX who worked for nine months, establishing the conceptual foundations and creating the designs for the transportation system.[120][121] An early design for the system was then published in a whitepaper posted to the Tesla and SpaceX blogs.[122][123][124] Musk’s proposal, if technologically feasible at the costs he has cited, would make Hyperloop travel cheaper than any other mode of transport for such long distances.
以前のHyperloopを想定した後、MuskはTeslaとSpaceXの技術者を9カ月間派遣し、概念基盤を確立し、輸送システムの設計を作成しました。そのシステムの初期設計は、TeslaとSpaceXのブログに掲載されたホワイトペーパーに掲載されました。[123] [124] Muskの提案は、彼が引用したコストで技術的に実現可能であれば、そのような長距離の他の輸送手段よりもHyperhelopの運行を安くすることができます。

The alpha design was proposed to use a partial vacuum to reduce aerodynamic drag, which it is theorized would allow for high-speed travel with relatively low power, with certain other features like air-bearing skis and an inlet compressor to reduce freestream flow. The document of alpha design estimated the total cost of an LA-to-SF Hyperloop system at US$6 billion, but this amount is speculative.[125]
アルファデザインは空力スキーやフリーストリームの流れを減らすためのインレットコンプレッサーのような他の機能で比較的低出力で高速走行が可能な空力抵抗を減らすために部分真空を使用することが提案されました。アルファデザインの文書は、LA-SFハイパーループシステムの総コストを60億USドルと見積もっていたが、この額は投機的である[125]

In June 2015, Musk announced a design competition for students and others to build Hyperloop pods to operate on a SpaceX-sponsored mile-long track in a 2015–2017 Hyperloop pod competition. The track was used in January 2017, and Musk also started building a tunnel.[126]
Hyperloop One, a company unaffiliated with Musk, had announced that it had done its first successful test run on its DevLoop track in Nevada on July 13, 2017. It was on May 12, 2017 at 12:02 a.m. and had lasted 5.3 seconds, reaching a top speed of 70 mph.[127]
2015年6月、Muskは、2015年から2017年のHyperloopポッドコンペで、SpaceXがスポンサーとなるマイルストーンのトラックを運行するHyperloopポッドを構築するための学生や他の人たちのためのデザインコンテストを発表しました。トラックは2017年1月に使用され、ムスクはまたトンネルの建設を開始した[126]。
Muskと関係のない会社HyperLop Oneは、2017年7月13日にネバダ州のDevLoopトラックで初めてのテストを成功させたことを発表しました。それは2017年5月12日午前12時02分に行われ、 70 mphの最高速度に達する[127]

On July 20, 2017, Elon Musk announced that he had gotten “verbal government approval” to build a hyperloop from New York City to Washington D.C, stopping in both Philadelphia and Baltimore.[128] However, the New York City Transit Authority, Southeastern Pennsylvania Transportation Authority, Washington Metropolitan Area Transit Authority, Maryland Transit Administration, United States Department of Homeland Security, as well as the mayors of New York, Philadelphia, Baltimore, and Washington D.C. stated that they are unaware of any such agreement.[129]
2017年7月20日、Elon Muskはニューヨーク市からワシントンD.Cへのハイパーループを構築するために「口頭政府の承認」を得て、フィラデルフィアとボルチモアの両方で停止したと発表した。しかし、ニューヨーク市、フィラデルフィア、ボルティモア、ワシントンDCの市長だけでなく、ニューヨーク市交通局、ペンシルベニア州南東部交通局、ワシントン首都圏交通局、メリーランド交通局、米国国土安全保障省も、そのような合意を知らない。[129]

Pocket



最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければうれしいです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ