イーロン・マスク( Elon Musk)⑩

An asteroid or a super volcano could destroy us, and we face risks the dinosaurs never saw: an engineered virus, inadvertent creation of a micro black hole, catastrophic global warming or some as-yet-unknown technology could spell the end of us. Humankind evolved over millions of years, but in the last sixty years atomic weaponry created the potential to extinguish ourselves. Sooner or later, we must expand life beyond this green and blue ball—or go extinct.
小惑星や超火山は私たちを破壊する可能性があり、恐竜が見たことのないリスクに直面しています。すなわち、人間工学に基づいたウイルス、誤ったミクロブラックホールの創造、致命的な地球温暖化や未知の技術があります。人類は何百万年にもわたって進化したが、過去60年間に原子兵器は自分自身を消滅させる可能性を生み出した。遅かれ早かれ、私たちはこの緑色と青色のボールを越えて人生を拡張しなければならない、あるいは絶滅しなければなりません。

Musk’s goal is to reduce the cost of human spaceflight by a factor of 10.[81] In a 2011 interview, he said he hopes to send humans to Mars’ surface within 10–20 years.[82] In Ashlee Vance’s biography, Musk stated that he wants to establish a Mars colony by 2040, with a population of 80,000.[36] Musk stated that, since Mars’ atmosphere lacks oxygen, all transportation would have to be electric (electric cars, electric trains, Hyperloop, electric aircraft).[83] Musk stated in June 2016 that the first unmanned flight of the larger Mars Colonial Transporter (MCT) spacecraft is aimed for departure to the red planet in 2022, to be followed by the first manned MCT Mars flight departing in 2024.[84] In September 2016, Musk revealed details of his architecture to explore and colonize Mars.[85] By 2016, Musk’s private trust holds 54% of SpaceX stock, equivalent to 78% of voting shares.[86]
Muskの目標は、人間の宇宙飛行のコストを10倍に減らすことです。 2011年のインタビューで、彼は10〜20年以内に人間を火星の表面に送りたいと語った[82]。アシュリー・ヴァンスの伝記では、ムスクは2040年までに火星の植民地を確立したいと述べ、人口は8万人であった[36]。 Muskは、火星の大気には酸素がないため、すべての輸送は電気(電気自動車、電車、ハイパーループ、電気航空機)でなければならないと述べている[83]ムスクは2016年6月に、大火星植民地運搬船(MCT)の最初の無人飛行が、2022年に赤い惑星への出発を目指しており、その後2024年に出発した最初の有人MCT火星飛行が続くと述べている[84] 2016年9月、ムスクは火星を探索し植民地化するための建築の詳細を明らかにした[85]。 2016年までに、Muskの個人信用はSpaceX株式の54%を保有し、投票株式の78%に相当する[86]。

In late 2017, SpaceX unveiled the design for its next-generation launch vehicle and spacecraft system—BFR—that would support all SpaceX launch service provider capabilities with a single set of very large vehicles: Earth-orbit, Lunar-orbit, interplanetary missions, and even intercontinental passenger transport on Earth, and totally replace the Falcon 9, Falcon Heavy and Dragon vehicles in the 2020s. The BFR will have a 9-meter (30 ft) core diameter. Significant development on the vehicles began in 2017, while the new rocket engine development began in 2012.[87][88]
後半に2017年に、SpaceX社は、同社の次世代ロケットと宇宙船システム-のためのデザインを発表した。BFRすべてSpaceX社のサポートする-つまり打ち上げサービスプロバイダーの地球軌道、:非常に大型車両の単一セットで能力を月軌道、惑星間ミッションさらには大陸間旅客輸送地球上の、そして完全に2020年代にファルコン9、ファルコンヘビーとドラゴンの車を交換してください。BFRは、9メートル(30フィート)のコア直径を有する。重要な開発は2017年に始まり、新しいロケットエンジンの開発は2012年に始まった。[87] [88]

Pocket





最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければうれしいです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ