イーロン・マスク( Elon Musk)⑧

With US$100 million of his early fortune,[64] Musk founded Space Exploration Technologies, or SpaceX, in May 2002.[65] Musk is chief executive officer (CEO) and chief technology officer (CTO) of the Hawthorne, California-based company. SpaceX develops and manufactures space launch vehicles with a focus on advancing the state of rocket technology. The company’s first two launch vehicles are the Falcon 1 and Falcon 9 rockets (a nod to Star Wars’ Millennium Falcon), and its first spacecraft is the Dragon (a nod to Puff the Magic Dragon).[66] In seven years, SpaceX designed the family of Falcon launch vehicles and the Dragon multipurpose spacecraft. In September 2008, SpaceX’s Falcon 1 rocket became the first privately funded liquid-fueled vehicle to put a satellite into Earth orbit.[35] On May 25, 2012, the SpaceX Dragon vehicle berthed with the ISS, making history as the first commercial company to launch and berth a vehicle to the International Space Station.[67]
$ 100米に 百万の彼の初期の幸運の、[64]ムスクが宇宙探査技術、または設立SpaceX社を 2002年5月には、[65]ムスクがある最高経営責任者(CEO)と最高技術責任者(CTO)の(CTO)ホーソーン、カリフォルニアベース会社。SpaceXは、ロケット技術の進歩に焦点を当てた宇宙打ち上げ用車両を開発、製造しています。同社初の2つのロケットはありファルコン1とファルコン9つのロケット(スターウォーズにうなずきミレニアム・ファルコン)、そしてその最初の宇宙船はあるドラゴン(NODへパフ・ザ・マジック・ドラゴン)。[66] 7年間で、SpaceXはファルコン打ち上げ機のファミリーとDragon多目的宇宙船を設計した。2008年9月、SpaceXのFalcon 1ロケットが衛星を地球軌道に乗せる最初の民間資金提供の液体燃料車となりました。[35] 2012年5月25日、SpaceX Dragonの車両は、国際宇宙ステーション(ISS)に車両を打ち上げて乗せる最初の商業会社として歴史を作った。[67]

In 2006, SpaceX was awarded a contract from NASA to continue the development and test of the SpaceX Falcon 9 launch vehicle and Dragon spacecraft in order to transport cargo to the International Space Station,[68][not in citation given] followed by a US$1.6 billion NASA Commercial Resupply Services program contract on December 23, 2008, for 12 flights of its Falcon 9 rocket and Dragon spacecraft to the Space Station, replacing the US Space Shuttle after it retired in 2011.[69] Astronaut transport to the ISS is currently handled solely by the Soyuz, but SpaceX is one of two companies awarded a contract by NASA as part of the Commercial Crew Development program, which is intended to develop a US astronaut transport capability by 2018.[70] On December 22, 2015, SpaceX successfully landed the first stage of its Falcon rocket back at the launch pad.
2006年には、SpaceX社は、SpaceX社のファルコン9の開発およびテストを継続するNASAから規定受賞したロケットとドラゴン宇宙船を、国際宇宙ステーションへの貨物を輸送するためには、[68] [ 引用で与えられていない ]に続いて米国 2008年12月23日、ファルコン9ロケットとドラゴン宇宙船の12回の宇宙ステーションへの16億米ドルの NASA 商用補給サービス契約が2011年に引退した後、米国 スペースシャトルに取って代わりました。[69] ISSへの宇宙飛行士輸送は現在はソユーズだけが取り扱っているSpaceXは、2018年までに米国の宇宙飛行士の輸送能力を開発することを目的としたCommercial Crew Developmentプログラムの一環として、NASAと契約を結んだ2社のうちの1社です。[70] 2015年12月22日、SpaceXは、ファルコンロケットを発射台に戻した。

This was the first time in history such a feat had been achieved by an orbital rocket and is a significant step towards rocket reusability lowering the costs of access to space.[71] This first stage recovery was replicated several times in 2016 by landing on an autonomous spaceport drone ship, an ocean-based recovery platform,[72] and by the end of 2017, SpaceX had landed and recovered the first stage on 16 missions in a row where a landing and recovery were attempted, including all 14 attempts in 2017. 20 out of 42 first stage Falcon 9 boosters have been recovered overall since the Falcon 9 maiden flight in 2010.[73] In the most recent full year—2017—SpaceX launched 18 successful Falcon 9 flights, more than doubling their highest previous year of 8.[74]
これは歴史上初めて軌道ロケットで達成されたこの偉業であり、ロケットの再利用性のための重要なステップであり、宇宙へのアクセスコストを削減します。[71]この第一段階の回復が上に着弾することによって2016年に数回繰り返した自律宇宙港のドローン船、海洋ベースのリカバリプラットフォーム、[72]2017年の終わりまでにSpaceXは着陸し、2017年の14回の試行すべてを含む着陸と回復が試行された16のミッションで第1ステージを回復した.Falcon 9ブースター42個のうち20個は全体的に回復している2010年のファルコン9初飛行[73] 直近の通期-2017-SpaceX社では、18人の成功ファルコン9便を打ち上げ、最高の前年比8の2倍以上に[74]

From Wikipedia, the free encyclopedia

Pocket



最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければうれしいです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ