イーロン・マスク( Elon Musk)⑦



SpaceX
Main article: SpaceX
Wikinews has related news: SpaceX Falcon Heavy rocket blasts Elon Musk’s personal Tesla into solar orbit
In 2001, Musk conceptualized “Mars Oasis”; a project to land a miniature experimental greenhouse on Mars, containing food crops growing on Martian regolith, in an attempt to regain public interest in space exploration.[58][59] In October 2001, Musk travelled to Moscow with Jim Cantrell (an aerospace supplies fixer), and Adeo Ressi (his best friend from college), to buy refurbished Dnepr Intercontinental ballistic missiles (ICBMs) that could send the envisioned payloads into space. The group met with companies such as NPO Lavochkin and Kosmotras; however, according to Cantrell, Musk was seen as a novice and was consequently spat on by one of the Russian chief designers,[60] and the group returned to the United States empty-handed. In February 2002, the group returned to Russia to look for three ICBMs, bringing along Mike Griffin. Griffin had worked for the CIA’s venture capital arm, In-Q-Tel, as well as NASA’s Jet Propulsion Laboratory, and was just leaving Orbital Sciences, a maker of satellites and spacecraft.
SpaceX
主な記事:SpaceX
Wikinewsに関連するニュースがあります:SpaceX Falcon重いロケットがElon Muskの個人的なテスラを太陽軌道に爆破
2001年、Muskは「火星オアシス」を概念化した。ミニチュア実験に着陸するためのプロジェクト温室火星に成長している食用作物含む火星上、レゴリス取り戻すための試みで、公益宇宙探査では。[58] [59] 2001年10月に、Muskはジム・カントレル(航空宇宙用供給装置)とAdeo Ressi(大学の親友)と一緒にモスクワに行き、改装されたDnepr Intercontinental弾道ミサイル(ICBM)を購入し、スペースへのペイロード。グループは、NPOラボチキンやコスモトラなどの企業と会いました ; しかし、Cantrellによれば、Muskは初心者のように見え、結果的にロシアのチーフデザイナーの一人が襲いかかり、[60]、グループは空いている米国に戻った。2002年2月、グループはロシアに戻り、Mike Griffinを連れて3つのICBMを探しました。グリフィンはCIAのベンチャー・キャピタル・アームであるIn-Q-TelとNASAのジェット推進研究所で働いていたが、衛星と宇宙船のメーカーであるOrbital Sciencesを離れるだけだった。

The group met again with Kosmotras, and were offered one rocket for US$8 million; however, this was seen by Musk as too expensive; Musk consequently stormed out of the meeting. On the flight back from Moscow, Musk realized that he could start a company that could build the affordable rockets he needed.[60] According to early Tesla and SpaceX investor Steve Jurvetson,[61] Musk calculated that the raw materials for building a rocket actually were only 3 percent of the sales price of a rocket at the time. It was concluded that theoretically, by applying vertical integration and the modular approach from software engineering, SpaceX could cut launch price by a factor of ten and still enjoy a 70-percent gross margin.[62] Ultimately, Musk ended up founding SpaceX with the long-term goal of creating a “true spacefaring civilization“.[63]
このグループは再びコスモトラと会い、800万ドルでロケットを1個提供した; しかし、これはMuskがあまりにも高価であると見られた。その結果、Muskは会議から暴走した。モスクワから帰ってきたフライトでは、必要な手頃な価格のロケットを作ることができる会社を立ち上げることができると気づいた。[60]早期テスラとSpaceX社の投資家によるとスティーブJurvetsonの、[61]計算ムスクことを原材料ロケットを構築するためには、実際に一度ロケットの販売価格のわずか3%でした。理論的には、垂直統合とソフトウェアエンジニアリングのモジュラーアプローチを適用することにより、SpaceXは打上げ価格を10分の1に削減し、引き続き70%の売上総利益を達成できると結論付けました。[62]結局のところ、MuskはSpaceXを「真の宇宙飛行文明」を創造するという長期的目標のもとに創設しました。[63]

From Wikipedia, the free encyclopedia

Pocket





最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければうれしいです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ