より多くのセックスを持つ10の健康上の利点⑤

It enhances intimacy.
Want more affection in your life? Have more sex with your partner.
Falling in love deactivates parts of your brain

Falling in love deactivates parts of your brain 01:57
A series of four studies of committed couples in the United States and Switzerland found that having sex created more affection, not only in the moments after sexual intimacy but hours later, even in couples with children or those married long past the “honeymoon period.”
それは親密さ高める
あなたの人生でより多くの愛情をしたいですか?あなたのパートナーともっとセックスしてください。
恋に落ちると、あなたの脳の一部が失活する

恋に落ちると脳の一部が 失われる01:57
4つの一連の研究米国とスイスのコミットカップルのも、子供や過去の長い結婚し、それらと結合して、時間後に性的な親密後の瞬間だけでなく、より多くの愛情を作成したセックスを有するがことがわかった「ハネムーン期間」。

Moreover, for couples who felt more affection after sex, the effects were still evident six months later.
“The more overall sex they had, the more affection; the less sex they had, the less positive affection,” said clinical psychologist Anik Debrot of the University of Lausanne in Switzerland, who led the study.
And the sex didn’t have to be intercourse for there to be positive effects, Debrot said. “Moments that were experienced as erotic or sexually arousing were just as predictive of positive emotions.”
CNN contributor Ian Kerner, a psychotherapist who specializes in sex and couples therapy, agrees. When couples keep the sexual dimension of their relationship alive and intact, “it leads to an overall warming up of the relationship, which includes more touch and non-sexual affection as well as higher level of regard towards their partner,” he said.
さらに、セックス後の愛情を感じたカップルでは、​​6ヵ月後にその影響はまだ明らかでした。
ローザンヌ大学の臨床心理学者Anik Debrot(スイス)は、「彼らの全体的な性別が高いほど、愛情が強く、性別が少ないほど肯定的な愛情は薄い」と述べた。
そして、セックスは肯定的な効果があるためにそこで性交する必要はなかった、とデッロット氏は語った。「エロチックや性的覚醒として経験された瞬間は、肯定的な感情の予測と同じでした」
セックスと夫婦療法を専門とする心理療法士であるCNNの貢献者Ian Kernerも同意する。夫婦が関係の性的側面を生き生きとしたままにしておくと、「それはより多くの接触と非性的な愛情とパートナーに対するより高いレベルの関わりを含む、全体的な暖かさにつながる」と彼は語った。

It boosts cognition.
If you’re looking for a good reason to energize your sex life as you age, here it is.
How marriage might be linked to lower dementia risk
How marriage might be linked to lower dementia risk
Studies show that keeping your sex life active into old age protects and even improves your brain’s executive functioning and recall. Analyzing data from the English Longitudinal Study of Ageing, British researchers found that sexually active men between the ages 50 and 89 had increased cognitive function, as measured by number sequencing and word recall, even after adjusting for quality of life, loneliness, depression and physical activity.
Women had the same benefit from sex for memory but not number sequencing.
Both men and women who were more sexually active did better on the tests than those who had less sex.
In a follow-up study, the researchers found that having sex at least once a week was highly predictive of improved cognitive functioning, especially verbal fluency.
それは認知高める
あなたが年を取るにつれてあなたの性生活を活性化させる正当な理由を探しているなら、ここはそうです。
結婚がどのようにして痴呆リスクの低下につながるか
結婚がどのようにして痴呆リスクの低下につながるか
研究は、あなたのセックスライフを老後に活発に保つことは、脳の執行機能とリコールを改善し、さらに向上させることを示しています。英国の高齢者縦断研究のデータを分析すると、英国の研究者らは、50歳から89歳の性的に活発な男性は、生活の質、孤独、うつ病、身体的苦痛を調整した後でさえ、アクティビティ。
女性は記憶のセックスから同じ利点を持っていましたが、数字の順序はありませんでした。
より性的に活発だった男性と女性の両方 が、性別が少ない人よりもテストでよくなった。
でフォローアップ調査、研究者は少なくとも週に一回のセックスを持つことが改善された認知機能、特に言語の流暢を高度に予測したことがわかりました。

Pocket





最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければうれしいです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ