なぜ、若いイタリア人の外国人が帰宅するのが「怖い」のか?①

Francesca Sarti was fed up with Italy.
The entrepreneur had grown frustrated with trying to grow her small design business in Florence, where red tape and government bureaucracy stood in her way.
So she packed up and moved. Five years later, the business is thriving — in London.
“I was tired of Italy,” said Sarti. “We have this ability to make everything complicated. Running my business in London is much easier and very straightforward.”
Francesca Sartiはイタリアに疲れました
起業家は、フィレンツェの小さなデザインビジネスを成長させようとすることに不満を抱き、赤いテープと政府の官僚主義が立ち上がった。
彼女は荷造りして動いた。 5年後、ビジネスはロンドンで繁栄しています。
「私はイタリアに疲れていた」とサーティは語った。 「私たちはすべてを複雑にするこの能力を持っています。ロンドンで事業を展開するのははるかに簡単で非常に簡単です

italian election francesca sarti
Francesca Sarti runs a successful business in London.
The weak economy and lack of opportunity have spurred over half a million young people between the ages of 18 and 29 to leave Italy since 2008, according to official data.
In 2015, the most recent year for which data is available, the number of departures jumped by 13% even as the country pulled out of a damaging triple-dip recession.
イタリアの選挙francesca sarti
Francesca Sartiはロンドンで成功を収めています。
経済の低迷と機会の不足は、公式データによると、2008年以来、イタリアを離れるために、18歳から29歳の間に50万人以上の若者が拍車をかけている
データが入手できる直近の2015年には、トリプルディップの不況から脱出したとしても、出国者数は13%増加しました。

A study by the International and European Forum on Migration found that young Italians are fed up with being underemployed, underpaid and stuck in a society that emphasizes networks of relationships over competence.
Gianluca D’Angelo, 39, came to London nine years ago and is now a manager at Eaton Partners, a private equity fund.
国際およびヨーロッパの移民フォーラムの調査によると、若いイタリア人は、不足していること、能力不足、能力不足の関係のネットワークを強調している社会にこだわっていることにうんざりしていることがわかりました。
Gianluca D’Angelo(39歳)は9年前にロンドンに来て、今はプライベートエクイティファンドであるEaton Partnersのマネージャーです。

He planned to return to Italy after the 2012 London Olympics, but said that moving back would mean giving up his title and pay. He said success at Italian finance firms is not based on performance.
italian election gianluca dangelo
Gianluca D’Angelo came to London nine years ago.
“It’s more a function of age as opposed to skills, it’s more a function of who you know as opposed to what you know,” said D’Angelo “That’s really a big impediment.”
彼は2012年のロンドンオリンピックの後にイタリアへ帰ることを計画していたが、戻ってくることはタイトルを放棄し、支払うことを意味する。 同氏は、イタリアの金融機関での成功は業績に基づいていないと述べた。
イタリアの選挙gianluca dangelo
ジャンルルカ・ダンジェロは9年前にロンドンに来ました。
「スキルとは対照的に、年齢の関数であり、知っているものとは違って、あなたが知っている人の機能です」とD’Angelo氏は言います。「それは本当に大きな障害です

D’Angelo said that Italy’s bureaucracy creates an untenable environment for startups. He even opened a pizza restaurant with fellow expats in London, a project he said would have been a major hassle back home.
“There is a lack of clarity and a lack of vision in Italy,” said D’Angelo.
Filippo Boeri, 30, is a PhD student at the London School of Economics. Originally from Milan, he said that Italy’s public sector is bloated, and he would have to spend up to 15 years working in “a gray area” before becoming a professor.
D’Angeloは、イタリアの官僚主義は、スタートアップのための環境が不可避であると述べている。 彼はロンドンで仲間の外国人と一緒にピザレストランをオープンしました。
「イタリアには明快さとビジョンの欠如があります。」とD’Angelo氏は述べています。
Filippo Boeri(30歳)はロンドン経済学院の博士課程の学生です。 もともとはミラノ出身で、イタリアの公共部門肥大しており、教授になる前に「灰色の領域」で働くには15年を費やさなければならないと述べました。

“In most countries in Europe, these talents are recognized and they invest to attract these talents,” said Boeri. “Italy doesn’t invest in its own people, its young students, and doesn’t spend the money to attract foreign talent.”
Italy’s economy is now growing at its fastest rate since 2010, but youth unemployment is still above 30%. The share of young people not working or not in school is the highest in the European Union.
「ヨーロッパのほとんどの国で、これらの才能が認められ、これらの才能を引きつけるために投資します」とBoeri氏は述べています。 「イタリアは、自国の人々、若い学生に投資するのではなく、外国人の才能を引き付けるためにお金を使うことはありません」
イタリアの経済は2010年以降急速に拡大していますが、若年失業率は依然として30%を超えています。 働いていない、または学校にいない若者のシェアは、欧州連合(EU)で最も高い。

CNNMoney(ロンドン)
2018年3月2日発行:12:47 PM ET

Pocket





最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければうれしいです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ