お散歩番組の変遷と人気の秘密!テレ朝の場合は?



お散歩番組がなかなか人気である。芸能人が、どこかの街を訪れてぶらぶら歩き、その時々の気になるお店、話題性のある場所を取材しながら、地元の人とも交流していく。行き当たりばったりで普段着な感じが、見る人を引きつけ、リラックスした心地よさを与えてくれる。

①世界ふれあい街歩き(NHK BS(火)20:00~) ②ぶらり途中下車の旅(日テレ(土)9:25~) ③モヤモヤさまあーず2(テレビ東京(土)18:30~) ④正直さんぽ(フジTV(土)12:00~) ⑤ブラタモリ(NHK総合テレビ レギュラー版(土)19:30~) ⑥ごぶごぶ(MBS(火)23:53~) ⑦もしもツアーズ(フジTV(土)18:30~) ⑧ウルトラ怪獣散歩(フジTV ONE) ⑨じゅん散歩(テレ朝 関東ローカル(月)~(金)9:55~)

「今は亡き地井さんの「ちい散歩」なつかしーね」「そうだギャー。地井さんがスタッフにあんぱんを買って一緒に食べたり」「偶然の出会いと、ありのまんまの素朴な会話でいつも楽しみにしていたんだよ」

テレ朝の「ちい散歩」は2006年4月3日~2012年5月4日まで放送され、放送回数は1518回にのぼる。その後番組として翌週5月7日より加山雄三の「若大将ゆうゆう散歩」が開始。2015年9月25日まで3年半の人気番組となった。全865回放送されたが、加山さんの夢である、災害救助船の設計と建造に注力したいという申し入れで、終了となった。

また、その後番組として、高田純次の「じゅん散歩」が2015年9月18日より開始された。散歩スタイルはというと、初代地井さんが帽子とバッグ、加山さんは手ぶら、3代目高田純次はショルダーバッグで、インスタントカメラや似顔絵を描くためのスケッチブックとドローイングを入れているそう。高田は「私の人生そのものが散歩のようなもの。適材適所。残りの人生30年、歩いてみたい。」などと言っている。

上智大の碓井教授によると「キャスティングは絶妙。散歩では、散歩中に出会う人たちの振りが読めない。予定調和にならないところに、”いい加減キャラ”が見事にマッチ、散歩そのものがいい加減で、関心がないものは、はぐらかして次のものを見る。そういうテキトーさはまさに、”ミスター散歩”」だそうだ。

 

Pocket





最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければうれしいです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ