難語52

古錦襴

こきんらん

 

箱の底に沈んでいたのは、古錦襴の袋に入れられた白鞘の剣であった。 …
国枝史郎『血曼陀羅紙帳武士』より引用
軸じくは底光りのある古錦襴こきんらんに、装幀そうていの工夫くふうを籠こめた物徂徠ぶっそらいの大幅たいふくである。 …
夏目漱石『草枕』より引用
天人の舞楽、合天井の紫のなかば、古錦襴こきんらんの天蓋てんがいの影に、黒塗に千羽鶴の蒔絵をした壇を据えて、紅白、一つおきに布を積んで、媚なまめかしく堆うずたかい。 …
泉鏡花『夫人利生記』より引用

Pocket



最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければうれしいです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ