難語39

綺羅
き‐ら

《「綺」は綾織りの絹布、「羅」は薄い絹布の意》 1 美しい衣服。羅綺。「綺羅をまとう」

綺羅(きら)を飾・る
1 華やかに装う。「―・った宴の出席者たち」 2 体裁をつくる。見えを張る。「侍の―・りいかめしく横たへし大小」〈浄・妹背山〉
綺羅(きら)を磨(みが)・く

衣服や調度の技巧を凝らしてりっぱにする。「播磨米(はりまよね)は砥草(とくさ)か、むくの葉か、

Pocket





最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければうれしいです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ