難語101(草枕より)ID:hawh1n

拙を守る せつをまもる:要領よく世渡りすることを考えず、純粋に生きていくこと。漱石の好んでもちいた言葉のひとつ
I will protect the men who protect me: the way to live purely without considering things that are well done. One of Soseki’s favorite words

纏綿 てんめん:1 からみつくこと。「蔦(つた)が木に纏綿する」「選手の移籍に纏綿する問題」2 複雑に入り組んでいること。「其娘さんはある―した事情のために」〈漱石・行人〉情緒纏綿 情緒が深くこまやかなさま。情緒が心にまつわりついて離れないさま。「情緒纏綿たる恋愛小説」「情緒纏綿とした下町のたたずまい」
Firm stuff: 1 clenching. “Tsuta buried in the tree” “The problem of basking in the transfer of the player” 2 It is complicated to be involved. “There is a daughter – for the circumstances that I do” <Soseki / Sufferers> Emotional cautionary emotions are deeply and cheerful. My emotions caught my heart and did not go away. “Emotional casual love story” “Emotional falling down town of downtown”

燦 さん:輝いて鮮やかなさま。「燦たる黄金の光」
Mr. Sat: Shining and brilliant. “Shining golden light”

尺素 せきそ:一尺の白絹。また古代これに手紙を書いたことから手紙の意にも使われる。
Scales Shishi: A piece of white silk. It is also used for letters because it wrote a letter to ancient times.

尺縑 せっ‐けん:1尺ほどの絹地。わずかばかりの絹。転じて、ほんの小さな画作
Scalpel – Ken: Silk land about 1 scale. Only a small silk. Turning, just a small painting.

Pocket



最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければうれしいです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ