一患者の詩



病者の祈り
Sick prayer

大事をなそうとして
力を与えてほしいと神に求めたのに
慎み深く従順であるようにと
弱さを授かった
Trying to do something important
I requested God to give me power
To be modest and obedient
I was given a weakness

より偉大なことができるように
健康を求めたのに
より良きことができるようにと
病弱を与えられた
To be able to do greater things
I sought health
In order to be able to do better
Sickened

幸せになろうとして
富を求めたのに
賢明であるようにと
貧困を授かった
Trying to be happy
I wanted for wealth
To be wise
I was given poverty

世の人々の賞賛を得ようとして
権力を求めたのに
神の前にひざまずくようにと
弱さを授かった
Trying to gain the admiration of the people of the world
I requested power
To kneel down before God
I was given a weakness

人生を享楽しようと
あらゆるものを求めたのに
あらゆることを喜べるようにと
生命を授かった
Trying to enjoy life
I asked for everything
To be pleased everything
I got a life

求めたものは一つとして与えられなかったが
願いはすべて聞きとどけられた
神の意にそわぬ者であるにかかわらず
心の中の言い表せない祈りはすべてかなえられた
私はあらゆる人の中でもっとも豊かに祝福されたのだ
Things I asked were not given as one
All wishes were heard
Regardless of who is incompatible with God’s will
All unspeakable prayers in my heart were given
I was blessed most richly among all people

(ニューヨーク・リハビリテーション研究所の壁に書かれた一患者の詩)
死は「終り」ではない  山川千秋・穆子 著  より抜粋
(A poetry of one patient written on the wall of the New York · Rehabilitation Institute)
Death is not “end” Excerpts from Yamakawa Chiaki / Yuko.

Pocket





最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければうれしいです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ