モア・パワー (マーリン・キャロザース著)より



パウロの人生は、神の恵みと赦しの典型でした。他の人たちは、彼に対して批判することがたくさんありました。神がダマスコ途上で彼の行いをやめさせられるまで、彼は激しく教会を迫害していたからです。その後、主は彼を非常に力強く用いられたので、高慢にならないように、「肉体のとげ」をお許しになりました。神は、高慢と自己義認の持つ破滅的な力を御存知なので、私たちが、他人からの批判というとげの痛みを感じることをもお許しになるのです。
Paul ‘s life was typical of God’ s grace and forgiveness. Others had lots of criticisms against him. He persecuted the church violently until God made him stop doing his work on the way of Damascus. Since then the Lord used him very powerfully, he forgave the “thorn in the body” so as not to be proud. Because God knows the devastating power of pride and self-righteousness, we also allow us to feel the pain of thorns, criticism from others.

私は、あまりにも簡単に高慢に陥ることに気づき、それが、どれほど神を悲しませているかを知って、こう言うようにしています。「神さま。過去と現在を感謝します。自分の失敗に気づく必要があるのなら、何度でも他人にそれを指摘させてください。けれども、その批判が、私にさらにあなたを愛させ、さらにあなたの恵みを感謝させるようなものでありますように。もし、あなたが、私の行いに応じて報いられたなら、私は永遠のいのちを望み得なかったでしょう。しかし、あなたは、私を世界一幸せな者にしてくださいました。私は永遠に感謝するでしょう。」
I noticed that it fell into pride too easily, knowing how much it makes God sorrow, so I say like this. “God, thank you for the past and the present, if you need to be aware of your failure, let me point out to others as often as you can, but that criticism makes me love you even more, I wish you would appreciate the grace of you.If you were rewarded according to my deeds I would not have hoped for eternal life but you make me the world I am a happy one, I will be grateful for eternity. ”

批判を受けても私たちの感情が害されない時、私たちが抱く新しい喜びのことを考えてください。かつて感じていた不快な恨みや怒りの代わりに、神の平安が訪れるでしょう。人が、何と言おうと、どのように感じようと、何をしようと、それは今や、私たちに敵対するのではなく、益になるのです。神の力が私たちの内に解き放たれているのです。
When our feelings are not harmed even after receiving criticism, please consider the new pleasures we have. God’s peace will come instead of the unpleasant resentment or anger that once felt. Whether people, whatever you feel, whatever you do, it now benefits us rather than hostile to us. The power of God is unleashed within us.

今あなたの人生にあるあらゆる問題に注意を集中し、神がある理由のために問題をもたらされたと信じてください。そのことを喜んでください。さらに喜んでください。喜び続けてください。やがて、その状況が神の御計画の一部であることが本当にわかってきます。
憎まれ罵られた時、すべてがうまくいっていないように思える時、喜び踊りなさい。」(マタイ五・十一、十二)と言われたイエスは、この秘訣を御存知でした。主は、後に聖霊が私たちに、神がすべてのことの内に、また、すべてのことを通して働いておられるということを、信じさせてくださると知っておられたので、主は喜ばれたのです。
Now concentrate your attention on every problem in your life and believe that God has caused problems for some reason. Please be glad of that. Please be more pleased. Please continue with joy. Eventually I realize that the situation is part of God’s plan.
Jesus who was told that “When you are abhorred, swallowed, everything seems not to be doing right, please delight and dance” (Matthew 5, 11, 12), Jesus knew this secret. The Lord was pleased because the Lord knew that the Holy Spirit later let us believe that God is working through all things and all things throughout all things It is.

Pocket





最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければうれしいです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ