ある記憶②

久しぶりですね、といってもブログの上のはなしですが。それに、見ているかどうかも分からない。というより、見てないでしょ。私がだれかも分からないでしょ。もう35~36年になりますか。

彼女のきれいさはとても印象的でした。当時は。小柄な、きれいな白い肌とつぶらな瞳、澄んだ切れ長の目じり、燃えるような唇。その聡明さで、冷ややかな視線を投げかけながら、けれども口調はやさしくて、首をかしげて問いかけてくる、生来の男殺しなのです。

いま一体どうなさっているのでしょう?級友のポカリから年賀状です。昨年、会う機会があって昔の話をしたというのです。「しまちゃんのこと、随分懐かしがっていたよ。」衝撃です、でも分からなくはない。たしかお父さんが同じ銀行の支店長OBどうしではなかったかな、会う機会もあるでしょう。年賀のお返しで聞き返しました。「さなえさんの今の性は?いまどうしてるの?」あたりまえですが、年賀のお返しにそれ以上の返信はありません。

揺られている・・・・・。真夜中のタクシーには、父と弟と私の3人。赤十字病院には母が入院しています。病院から電話があり、家族全員が呼ばれたのです。凍てつく寒さの中、車内は、ぼーっと効きすぎたエアコンに異常な眠気。でも、神経は張りつめてしまって、ぐるぐるぐるぐる妄想やらなにやらが頭の中を駆け巡る。駆け巡っているうちに車は、鉄道の高架橋をわたり、市内へと入っていく。

今夜が峠らしいが、もう母の意識はないのだ、息遣いだけが酸素マスクの下、短距離走者のように激しく、そしていつ果てるともなく続く。私は耐えきれなくなって、父と弟を残して病室を出た。病院の入口の扇状の広い空間は、さすがにがらんとしている。その先は道路を渡ってコンクリートのだだっ広い区画が、何も使われていないのだろうか、ただ続いている。わけも分からず歩いていくと、青白い月光が足元の凍ったコンクリートを、冷たく照らしている。振り向くと病院の本館、別館のビルが月夜に映えている。桜かなにかだろう、黒い枝ぶりも夜空に伸びている。そして、目線の左から白いものが、すーと建物の前景を横切って上昇していくのが分かった。、そして、なにかを探しているように、くるくるっと2~3回、円を描いたかと思いきや、暗い月夜の空間に消えていった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Pocket





最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければうれしいです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ