Crisis of delisting “Nissan Motor”! Chairman · Ghon suspects Qian Geba exposed  ②


「週刊文春」が今年5月、《日産ルノー連合トップのドロ沼離婚訴訟 「夫カルロスゴーンは私の首を絞めた」》という見出しの記事を報じたのだ。記事には、前妻のリタ・ゴーンさんが登場し、ゴーン容疑者によるDVや現在の妻との“不倫疑惑”を告白している
“Weekly Bunshun” reported in May this year an article titled “Nissan Renault Federation top Dro mars divorce case” “Husband Carlos Ghosn narrowed my head” “. In the article, a former wife Rita Ghosn appeared, confessing Don V of Gon suspects and “current suspicion of affair” with his wife.

自動車業界に詳しいジャーナリストの井上久男氏は「日産社内では、ゴーン容疑者が前妻との離婚訴訟費用に会社のカネを使ったり、ニューヨークに日産が所有している物件を個人事務所として私物化していたと推測されている」と明かす。
ゴーン容疑者は、日産側がオランダなど海外4カ国で購入した複数の住宅を無償で利用していたとみられる。
Hisao Inoue, a journalist familiar with the automotive industry, said, “Inside Nissan, Ghosn used private company money as a divorce expenses fee for the previous wife and personal property owned by Nissan in New York as a private office It is presumed that it was. ”
Gon suspects that the Nissan side used multiple houses purchased in four countries, such as the Netherlands, for free.

ゴーン容疑者は現在の妻と、フランス・ベルサイユ宮殿で結婚式を挙げたと報じられているが、その費用についても、会社のカネを充てたとの噂もあるという。
社内でささやかれていたゴーン容疑者の「強欲ぶり」は、ほかの外国人社員にも悪影響を与えていたとされる。
Gone is reportedly wedding ceremony at the present wife and the French / Versailles palace, but there are also rumors that that money was spent on the company as well.
Gone suspects who had been whispering in the company “greedy of greed” is said to have adversely affected other foreign employees.

井上氏は「ゴーン容疑者が、会社を『私物化』していることは社内で知られていたため、一般の外国人社員までゴーン容疑者と同じような振る舞いをしていたといわれている。役員でもないのに、役員級の福利厚生を求めるなど『日産は外国人の食い物にされていた』との声が上がっていた」と語る。
Mr. Inoue said that “Gon suspects” privatizing “the company was known within the company, so it is said that general foreign employees had behaved similar to Gon suspects. Even though it was not, there was a voice saying that “Nissan was being a food for foreigners”, seeking officer-level welfare benefits.



最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければうれしいです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ