“contradiction” to dream while accepting reality ③


「現実を受け入れる」と同時に「夢をまっすぐ見る」
それでは冒頭の話に戻って、「現実を受け入れる」と「夢を描く」を同時に行うことの解説をしたいと思います。
「現実を受け入れる」という思考が由来する事象の時間軸は、現在を含む現在以前の「過去」に起こってきたものです。当然ながら現実的な思考は現実に起こったことがベースになっているからです。
“Accept reality” and at the same time “see a dream straight”
Then, back to the topic of the beginning, I would like to explain how to simultaneously “accept reality” and “draw a dream” at the same time.
The time axis of the event from which the thought of “accepting reality” comes from is the one that has occurred in the past “past” including present. Naturally realistic thinking is based on what actually happened.

逆に、「理想を追い求める」というのは思考の時間軸が、現在を含まない未来にあります。現時点で現実に存在するなら理想ではないからです。
つまり現在・過去に起こった事業の影響をより受けると現実的な思考となり、未来に起こりうる事象の影響をより受けると、理想ベースの思考となります。
Conversely, “pursuing ideals” is in the future where the time axis of thought does not include the present. It is not ideal if it exists in reality at the present time.
In other words, it will become a realistic thinking if you receive more influence of the business that happened now or in the past, and it will be ideal based thinking if you receive more influence of possible future events.

ここで、「現実を見ること」と「夢を見ること」が矛盾しうるのは、人は限られた思考枠の中では左を見ながら右を見る、というのがなかなか難しいからです。さらには、主観が付加されると、その主観の対象とする思考と自分の結合が強くなってしまい、両方の思考枠で見ることができなくなってしまいます。
Here, “seeing the reality” and “seeing a dream” can be contradictory because it is rather difficult for a person to see the right while looking at the left in a limited thought frame. Furthermore, when subjectivity is added, the bond between the thought frame and the subject that is the target of that subjectivity becomes stronger, and it becomes impossible to see with both thought frames.

例えば、前述の「一人の命と多くの人の命どちらが大事か?」という問いに対して、ほとんどの人は主観が入らない限りは多くの人の命を選択するでしょうが、その一人の命がもし自分の子供やとても大事な人であれば、他の思考枠で捉えることができず、答えは変わってきます。
For example, in response to the question “Which of the following is the life of one person or the lives of many people?” Most of the people will choose the lives of many people unless subjectivity enters, but that one life If you are a child or a very important person, you can not grasp it with other thought frames and the answer will change.

それと同じで、例えば現在・過去の事象から「とても辛い思いをした」などの主観が付加されると、より過去の思考枠との結合が強くなって未来の思考枠が薄れてしまい、結果的には「現実で辛い思いをすると夢を描けなくなる」という現象が起こります。
The same as that, for example, if subjectivity such as “I made a very painful feeling” is added from the present / past events, the connection with the past thought frame becomes stronger and the future thought frame diminishes, and as a result A phenomenon called “You can not draw a dream if you feel hard and painful in reality” happens.



最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければうれしいです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ