“contradiction” to dream while accepting reality ⑤


世界をそのまま見ることができない「偏見」とは何か
一方で、世界をそのままの姿で見ることができなくなってしまった状態が、「偏見」です。
それはどういうことかというと、前述の主観によって特定の思考枠との結びつきが強固になり過ぎたために動けなくなった状態のことで、さらにはそれにすら気づくことができなくなっている場合が多いです。
What is “prejudice” that can not see the world as it is
On the other hand, the state where the world can not be seen as it is is “prejudice”.
What it means is that in the above subjective view, the connection with a specific thinking frame becomes too strong and can not be moved, and even that can not even be noticed in many cases.

以前ツイートをしましたが、他者に差別的な偏見を持つ人や、事実の把握が正解でない人など、偏見がある人は自分に対しても偏見を持っている人が多いと考えています。
Though I tweeted before, I think that many people with prejudice, such as those who have discriminatory prejudice against others or those who do not know the facts, are also prejudiced against themselves .

辛い経験をしたから、という過去の出来事が由来となって「人生っていうのはこんなもんだよ」と語る大人も、偏見を持って世界を見ているのと同じで、主観によって過去に焦点をあてた思考枠に捉われてしまい、他の思考枠で世界を見ることができなくなってしまっています。
Adults who say that past events occurred because of a painful experience, saying “life is such a thing is like this” is the same as seeing the world with prejudice, focused on the past by subjectivity I was caught in the frame of thinking that I pointed out, and I can not see the world with other thinking frames.

年齢を重ねるほど過去の時間の方が蓄積していくため、どうしても思考枠に及ぼす過去の影響が大きくなっていきます。
As older age, the past time accumulates, so the influence of the past on the thought frame will inevitably increase.

マズローが自己実現の欲求を叶える人の条件の一つとして「認識が絶えず新鮮で様々なことに感動する」ことを挙げていますが、これは偏見の概念と逆で、「認識が絶えず新鮮」というのは「あらゆる思考枠の視点を持つことを純粋に受容することだ」と考えています。
Maslow suggests that “recognition is constantly fresh and impressed with various things” as one of the conditions of people who fulfill the desire of self-realization, but this is contrary to the concept of prejudice, “recognition is constantly fresh” I think that it is “to accept purely the viewpoint of every thinking frame”.



最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければうれしいです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ