「World of words」の記事一覧

難語63(動詞-verb)

肖る 「あやかる」 頷く 「うなずく」 擽る 「くすぐる」 蠢く 「うごめく」(虫が這う様にモゾモゾ動く) 阿る 「おもねる」(人の気に入る様に振る舞う、へつらう) 躓く 「つまずく」 貶す 「けなす」 佇む 「たたずむ・・・

アルクのTOEICテスト完全攻略シリーズ

  ①『通信講座』  毎日のカリキュラムどおりに学べば 、目標レベルの「攻略」 に必要な英語力が身につく。 ②『TOEIC L&Rテスト 直前の技術』 「スコアが上がりやすい順に学ぶ!」11日間の即効対策プログ・・・

英単⑨

autizm  自閉症 blazing   燃えるような afffection   愛情 stuffed    ぬいぐるみの household name   誰でも良く知っている名前 towering      見上げ・・・

【Z会Asteria】未来を共創する21世紀型オンライン講座

忙しい社会人のためのオンライン英語講座Z会Asteria 【Asteria】Z会のオンライン学習は、 Z会の長年の指導実績と最新のテクノロジーとの融合により実現した、革新的な学習サービスです。 ・英語4技能講座、数学新系・・・

DMM英会話!

DMM英会話 皆さまに選ばれて 2017年 オンライン英会話 サービス評価・満足度調査 13部門でNo1の評価をいただきました! さらに、 雑誌「PRESIDENT」 英会話テキスト・英会話学校ランキング2017で 総合・・・

英単⑧

spring in one’s step    元気な足取り star      主役として迎える adjacent    隣接した deal with    対処する flustered     うろたえて・・・

難語62

鳳蝶(あげはちょう)・・・昆虫のアゲハチョウのこと 朝霧(あさぎり)・・・朝方に発生する霧の事 一閃(いっせん)・・・ピカッと光ること。閃くこと。 威風(いふう)・・・威厳がある様子。勢いがある様子 泡沫(うたかた)・・・・・

英単⑦

reminder   思い出させる人(もの) arid    乾燥した、不毛の lush    みずみずしく茂った banter    気さくな会話 reverberate    反響する、鳴り響く invariably・・・

英単⑥

flee 逃げる、逃れる/ in droves 大挙して、ぞろぞろと/ epitomize ~の典型である/ stick to 離れない、やり通す/ rolling 定期的な、段階的な/ on the payroll 雇・・・

英単⑤

forlorn   見捨てられた / literary   文芸の / assignment   仕事、任務 / stint   勤務期間、任務  / correspondent    記者、特派員  / come in・・・

難語102

泬寥 けつりょう:雲ひとつなく、晴れわたっているさま。 「 -たる春夜の真中まなかに、和尚ははたと掌を拍うつ/草枕 漱石」 Buddies: There is no cloud and it is sunny. &#82・・・

難語101(草枕より)ID:hawh1n

拙を守る せつをまもる:要領よく世渡りすることを考えず、純粋に生きていくこと。漱石の好んでもちいた言葉のひとつ I will protect the men who protect me: the way to live・・・

難語100(草枕より)

  檻穽 かんせい:檻 (おり) と落とし穴。 Penetration: Cage (cage) and pitfalls. 不即不離 ふそくふり:二つのものが強く結びつきもせず、また離れもしない関係にあること・・・

英単④

one-off   一度限りのもの/ imposing  印象的な/ timid  小心の/ lest  ~しないように/ assess  評価する、査定する/ air raid  空襲 / blare  騒がしい音を立・・・

英単③

fragility   もろさ、壊れやすさ/ magnificence   壮麗、素晴らしさ/ head   進む、向かう / soak   浸す / confection   砂糖菓子、糖菓 / found   創立す・・・

難語61

悄然 しょう‐ぜん   1 元気がなく、うちしおれているさま。しょんぼり。「悄然たる後ろ姿」「悄然としてうつむく」 2 ひっそりと静かなさま。 「―として声なし」〈太平記・三七〉    

難語60

茵 しとね   座るときや寝るときに下に敷く物。しきもの。ふとん。「草の―」

難語59

娉婷 ひょうてい   しなやかで美しいさま。

難語58

拘々 こうこう   ものごとにこだわるさま。

難語57

定業 じょうごう   仏語。定まった運命。  

難語56

彩管 さいかん   絵筆。転じて絵画。さらには、芸術。

難語55

栄辱得喪 えいじょくとくそう   名誉と恥辱や、利益と損失などの世俗的な関心事。 「栄辱」は名誉と恥辱。 「得喪」は利害。    

難語54

賞翫 しょう‐がん   1 そのもののよさを楽しむこと。珍重すること。「書画を―する」 2 味のよさを楽しむこと。賞味すること。「旬の味覚を―する」 3 尊重すること。 「方式に拘らず時の宜しきに従うを―すべき・・・

英単②(天声人語 名刀「山姥切」)

reincarnate   再び肉体を与える、生まれ変わらせる/ exquisitely   極めて素晴らしく/ revisionist   修正論者/ albeit   ~ではあるが/ distorted   ゆがんだ・・・

難語53

端渓 たんけい 中国広東省肇慶市付近の西江を指す。硯石(すずりいし)の産地。 「端渓硯」の略。

難語52

古錦襴 こきんらん   箱の底に沈んでいたのは、古錦襴の袋に入れられた白鞘の剣であった。 … 国枝史郎『血曼陀羅紙帳武士』より引用 軸じくは底光りのある古錦襴こきんらんに、装幀そうていの工夫くふうを籠こめた物徂・・・

難語51

朱泥 しゅ‐でい 鉄分の多い粘土を焼いてつくる赤褐色の無釉(むゆう)陶器。中国、明代に、煎茶の流行に伴って宜興窯(ぎこうよう)で創始された。急須・湯呑みを主とし、日本では常滑(とこなめ)・伊部(いんべ)・四日市な&#82・・・

難語50

嫦娥 じょう‐が 中国、古代の伝説上の人物で、月に住む仙女。羿(げい)の妻で、夫が西王母からもらい受けた不死の・・・

難語49

堕在 だ‐ざい [名](スル)悪い場所や下の地位に落ちて、そのままそこにとどまること。「英霊の俊児、亦遂に鬼・・

難語48

回向 えこう   仏語。 1 死者の成仏を願って仏事供養をすること。「冥福を祈って―する」 2 自分の修めた功徳 (くどく) を他にも差し向け、自他ともに悟りを得るための助けとすること。 3 浄土真宗で、阿弥陀・・・

難語47

検校 けん‐ぎょう   1 物事を調べただすこと。また、その職。 2 社寺で、事務を監督する職。また、一寺の上位者で衆僧を監督する者。 3 荘園の役人の一。平安・鎌倉時代に置かれた。 4 室町時代以降、盲人に与・・・

難語46

春宵 しゅん‐しょう 春の夜。春の宵。《季 春》「―や蕗の一葉がつくる闇/万太郎」    

難語45

蕭々 しょう‐しょう   1 もの寂しく感じられるさま。「蕭蕭たる晩秋の野」 2 雨や風の音などがもの寂しいさま。 「―たる夜雨の音を聞きつつ」〈芥川・開化の殺人〉

難語44

定業 じょう‐ごう   仏語。 1 前世から定まっている善悪の業報(ごうほう)。決定業(けつじょうごう)。 2 念仏四業の

難語43

逍遥 しょう‐よう   気ままにあちこちを歩き回ること。そぞろ歩き。散歩。「郊外を逍遥する」

難語42

蒼然 そう‐ぜん 1 あおあおとしているさま。「蒼然たる月光」 2 薄暗くぼんやりしているさま。「蒼然たる暮色に閉ざされる」 3 古び、色あせているさま。「古色蒼然」

難語41

冥邈 めいばく くらくて遠く、はっきり見えない・こと(さま)。 「此-たる小説界に一点の光明を輝かし/筆まかせ 子規」

難語40

嬋媛 せん‐えん あでやかで美しいさま。優美であるさま。 「暮れんとする春の色の、―として、しばらくは冥邈 (めいばく) の戸口をまぼろしに彩どる中に」〈漱石・草枕〉

難語39

綺羅 き‐ら 《「綺」は綾織りの絹布、「羅」は薄い絹布の意》 1 美しい衣服。羅綺。「綺羅をまとう」 綺羅(きら)を飾・る 1 華やかに装う。「―・った宴の出席者たち」 2 体裁をつくる。見えを張る。「侍の―・りいかめし・・・

難語38

蕭寥 しょう‐りょう ひっそりとして、もの寂しいさま。 「―とした共同墓地に、凩が吹き荒んで」〈徳永・太陽のない街〉

難語37

寂然 じゃく‐ねん 1 ひっそりとして静かなさま。寂しいさま。せきぜん。 「院は―として人もないようであった」〈露伴・連環記〉 2 煩悩 (ぼんのう) を去って、心が静かであるさま。 「―と黙考の体 (てい) なりし時も・・・

難語36

把住 は‐じゅう 1 とらえとどめおくこと。 「窈然 (ようぜん) として同所に―する趣で嬉しいのである」〈漱石・草枕〉 2 禅宗で、師が弟子を指導するとき、向上させるために、弟子のもつ誤った考えを打破・否定して、困惑・・・・

難語35

感興 かん‐きょう 何かを見たり聞いたりして興味がわくこと。また、その興味。「感興の赴くままに筆を走らせる」「感興をそそる」

難語34

興趣 きょう‐しゅ 味わいの深いおもしろみ。「興趣を添える」「興趣が尽きない」

難語33

逓次 ていじ 次々と順を追うこと。順次。副詞的にも用いる。「逓次繰り返して使用する」

難語32

邂逅 かいこう 思いがけなく出あうこと。偶然の出あい。めぐりあい。「旧友と邂逅する」

難語31

風韻 ふう‐いん すぐれた趣おもむき。風趣。雅趣。 「漸く人に-を生じて/文明論之概略 諭吉」

難語30

気韻 き‐いん 気品のあるようす。特に、書画などの風雅なおもむき。

難語29

惝怳 しょう きょう ① 驚いてぼんやりすること。ひどい驚き。 「道徳を超絶した美の境の-/青春 風葉」 ② がっかりすること。失望すること。 「そんなに憧憬したり-したり/吾輩は猫である 漱石」

難語28

髣髴 ほう‐ふつ 1 ありありと想像すること。よく似ているものを見て、そのものを思い浮かべること。「往時を―させる」 「ミイラに因って埃及 (エジプト) 人を―する」〈漱石・吾輩は猫である〉 2 ぼんやりしていること。 ・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ