「生き方(way of life)」の記事一覧

当たり前?お金持ちが人を惹きつける3つの理由 (完)

恋はポジティブ・パワーを生む さらに、「この人と一緒なら何でもできそう」と思ったことはありませんか? 仕事でイヤなことがあっても、支えてくれる人がいると、大きく落ち込まないで済みます。何かあってもどんな話題でも話せる人が・・・

当たり前?お金持ちが人を惹きつける3つの理由 ②

お金持ちがモテる理由3:常に笑顔で聞き上手 そして、笑顔で接し、人の話をよく聞く、という点があげられます。当たり前ですが、仏頂面の人に近づきたいとは誰も思いません。それに、自分の話を聞いてくれない人に対しては、「この人は・・・

当たり前?お金持ちが人を惹きつける3つの理由 ①

モテる人は成功しやすい? お金持ちの人はほぼ例外なく「モテる」という事実をご存じでしょうか。と言いますか、「モテる」人がお金持ちになるのです。一般的には、お金持ちはケチで鼻持ちならない人が多いのではないかと思われています・・・

トーマス・エジソンの名言・格言集。失敗は勉強である! (完)

絶えず変化を求める 気持ちと不満こそが、 進歩するために 最初に必要となるものである。   成功しない人がいたとしたら、 それは考えることと、 努力すること、 この二つをやらないからではないだろうか。 &nbs・・・

トーマス・エジソンの名言・格言集。失敗は勉強である! ①

失敗したわけではない。 それを誤りだと言ってはいけない。 勉強したのだと言いたまえ。   私は失敗したことがない。 ただ、1万通りの、 うまく行かない方法を 見つけただけだ。   私たちの最大の弱点は・・・

オバマが語った「人生の目的」を追求する方法 (完)

3. 最後には正義が力となる 3. Justice will be power in the end オバマは、マンデラが投獄されていた期間は、彼が特に大きな影響力を持っていた時期だったと指摘した。人は極限状態や苦難の時・・・

オバマが語った「人生の目的」を追求する方法 ②

1. 優先事項を再確認することが必要 1. It is necessary to reconfirm the priority マンデラは、自身の知らないところでオバマにインスピレーションを与え、型にはまらない道を歩むこ・・・

オバマが語った「人生の目的」を追求する方法 ①(A way to pursue “the purpose of life” Obama talked about)

バラク・オバマ前米大統領は先月17日、南アフリカで開かれた「ネルソン・マンデラ年次講演」で、マンデラ生誕100周年を記念する講演を行った。オバマは、希望と切迫感を各所に盛り込んだスピーチで、ミレニアル世代が切実に必要とし・・・

失敗の必要性について(On the necessity of failure)

何事も失敗が必要だと思うのです、誰がなんと言おうとね。成功より失敗です、失敗が好きになったら人生本物だと思うんです。おまえは変態かと言われれば、変態こそ生きる糧だと言いたい。そうなってこそ人生楽しめますよ。人生楽しみまし・・・

ボーッと生きてんじゃねえよ、ニッポン人!(完)(Being alive with a daze, Nippon people)

働き方改革と「ぼんやり日本人」 ところが現代では競争がなくなって平和のように見えるいっぽうで、環境の変化に気づかずにただ今の瞬間だけ障りがなければそれでよし、多少の悪事に対しても「見て見ぬふりをする」風潮が世の中に蔓延し・・・

「ボーっと生きてんじゃねーよ!!」チコちゃんから ③

13行あった大手銀行はわずか4社に それに引き換え現代の日本の状況はどうであろうか。もちろん今でも苛烈な競争が一部では残っている。しかし、国内市場の成長余力がなくなり、企業としての成長に陰りが見えてくる中で、新たな収益機・・・

「ボーっと生きてんじゃねーよ!!」チコちゃんから ②

急速にサラリーマン化している日本社会 Japanese society rapidly becoming a salaried worker 江戸時代の日本は「士農工商」という階級社会があったが、現代に言い換えれば「サ農・・・

人は死なない 東大救命医独自の死生観

“成功確率1%”の仕事を”99%”にするたった一つの方法!

「確率」の応用編として、今回はビジネスシーンで確率のことを考えてみたい。 たとえば、あなたに命じられた仕事が成功確率1%だとしよう。とても無理だと最初からあきらめモードになるかもしれない。実際、道のりは険しいだろう。しか・・・

栄和人氏、謝罪会見の失敗から学べる事②

口先を突き出すように尖らせる栄氏の仕草 パワハラについて質問される度に、栄氏は口先を突き出すように尖らせた。この仕草が、この問題に対する栄氏の感情をもっともストレートに示している。無意識の仕草は正直だ。気に入らないことを・・・

栄和人氏、謝罪会見の失敗から学べる事①

至学館大学の監督として現場復帰してわずか数日、当初、「パワハラはない」と会見で言及していた日本レスリング協会副会長で至学館大学の谷岡学長から、あっという間に監督解任を告げられた。 A few days after ret・・・

「ボーっと生きてんじゃねーよ!!」チコちゃんから ①

毎週金曜日の夜、一週間の勤務を終えて帰宅したサラリーマンがぼんやりテレビを見ていると、お堅いイメージの強いNHKの番組から「ボーッと生きてんじゃねーよ!!」という怒鳴り声が飛び込んでくる。 Every Friday ni・・・

お金がなくても幸せなおひとり様

数カ月に一度、お金のご相談にいらっしゃるダンディな「おひとり様」がいらっしゃいます。和人さん(71)です。彼は、毎回、お会いするたびに「安田さん、僕はね、いま、人生楽しくてしょうがないんだ」とおっしゃるのです。 Ther・・・

大前研一さんの21世紀型リーダーシップ

21世紀は答えがない時代である。答えは覚えるものではなく、見つけるものである。なぜなら、答えがわかっている問題はパソコンやスマホで検索すれば、すぐに答えを教えてくれるからだ。 では、答えがわからない問題の答えを、どうやっ・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ