「Business」の記事一覧

The world’s best influencer is 21 years old! (完)

カイリー・コスメティックスを買収したい企業はあるのだろうか。化粧品大手ウルタの商品化計画担当シニア・プレジデント、タラ・サイモンは語る。 「若年層顧客に人気のあるブランドを探している企業にとっては、一瞬にして優位に立てる・・・

The world’s best influencer is 21 years old! ④

同ブランドのアカウントはいまやフォロワー数1700万人。商品は3000店舗以上で販売され、ソアレは推定資産10億ドルで60歳にしてフォーブス誌の「自力で富を築いた米国の女性富豪ランキング」に初登場を果たした。同ランキング・・・

The world’s best influencer is 21 years old! ②

ソーシャルメディアの申し子 テレビカメラの前で育ったことを考えれば驚くことではないが、カイリーは常に、特に外見において早熟だった。 「6年生から紫のアイシャドウを塗っていたわ。もっと自分に自信を持ちたくて」 ユーチューブ・・・

世界一のインフルエンサーは21歳!「8億ドルビジネス」とは? ①

10歳のころから家族とともにリアリティショーに出演していたカイリー・ジェンナー。有名人だからこそ可能だった常識破りのビジネスとはいったいどんなものなのか? カイリー・ジェンナーは今年、4年目となるフォーブス誌「自力で富を・・・

世界一のインフルエンサーは21歳!「8億ドルビジネス」とは? ③

超身軽なスタートアップという意味では、カイリーの事業はほとんど空気並みだ。しかも諸経費や販促コストが非常に少ないため、利益はほぼそのままカイリーの懐に入る。カイリーがすることといえば、ソーシャルメディア上のファン基盤をう・・・

なぜシアトルで巨大企業が生まれるのか? (完)

弊害もなくはない Is there no harm? とはいえ、巨大企業が生まれることはいい面ばかりではない。たくさんの若い労働力が職を求めて移住してくるため土地の価格が上がり、住宅ローンの負担が膨らみ、生活を圧迫したり・・・

なぜシアトルで巨大企業が生まれるのか? ②

さらに、ベンチャーキャピタル(VC)が集積するシリコンバレーから飛行機で1時間半という地の利もある。アメリカは本土だけで4つの時間帯を抱えるが、この両都市間には時差もない。ベンチャー企業に欠かせない資金調達において、ベン・・・

なぜシアトルで巨大企業が生まれるのか? ①

アマゾン、マイクロソフト、スターバックス、コストコ。いずれもシアトル、あるいはその周辺の場所で創業し、いまや世界的な巨大企業に成長した会社である。アメリカ本土でもはずれの、西海岸のいちばん北端の都市で、なぜ、このように先・・・

起業のきっかけは犠牲者との出会い、人身売買と闘うアイス (完)

それから3年後、バンワゴナーは母親のアイスクリームメーカーを使い、自家製の濃厚なアイスを作る練習を始めた。性目的の人身売買に関する意識を高める熱意と新たに見つけた趣味をつなげたかった彼女は、エクソダス・クライと連絡を取り・・・

起業のきっかけは犠牲者との出会い、人身売買と闘うアイス ①

自家製アイスクリームほど甘いものなどあるだろうか? それは、重要な大義を支援するアイスクリームだ。 タラ・バンワゴナーが創業したコーン・アペティート(Cone Appétit)は、「存在意義のあるアイスクリーム」だ。同社・・・

地獄のドミナント戦略で、“変態セブン”が生まれた! (完)

●「壊滅的な危機の前兆」と捉えるべき ● It should be regarded as “a precursor of catastrophic crisis” 就任前、アルバイト従業員と同じ・・・

地獄のドミナント戦略で、“変態セブン”が生まれた! ④

●組織やビジネスモデルの危機 ● Organization and business model crisis なぜこんなことが平気でできたのかというと、彼らが男性のことを無意識に「奴隷以下」の扱いしていたからだ。FC本・・・

地獄のドミナント戦略で、“変態セブン”が生まれた! ③

●コンビニのフランチャイズシステムのひずみ Distortion of convenience store franchise system 分かりやすいのが、大阪府のファミリーマート2店舗かけ持ちで、1日15時間労働を・・・

地獄のドミナント戦略で、“変態セブン”が生まれた! ②

●終わりの見えない闘いの中で そこへ加えてこのドミナント戦略が、オーナーたちにとって恐ろしいのは、ライバルの出店も加速させることだ。商圏を独占しようというセブンの動きを、ライバルもただ指をくわえて見ているわけにはいかない・・・

地獄のドミナント戦略で、“変態セブン”が生まれた! ①

最初に耳にしたとき、変態が7人いるのかと勘違いした人も多いのではないか。 栃木県内のセブン-イレブン(以下、セブン)で、破天荒すぎる言動を繰り返していたオーナー店長に、地域の方たちが付けた「変態セブン」という斬新なあだ名・・・

「理念がない会社は、精神がない人間と同じ」!柳井氏が語る経営の本質! (完)

世界中の企業に等しくチャンスは与えられている Equally opportunities are given to companies all over the world ここまでの話を聞くと、なんかすごく順調に成長し・・・

ARMいわく「次世代プロセッサーでインテルを追い抜く」

ここしばらく、ARMベースのプロセッサーは性能向上が顕著になりつつあります。そして早ければ来年、もしくは2020年あたりにはインテルのモバイル向けプロセッサーをその性能で追い越す瞬間が訪れるかもしれません。ARMは、最近・・・

「理念がない会社は、精神がない人間と同じ」!柳井氏が語る経営の本質! ④

今日の成功があるのはステートメントのおかげ Thanks to the statement that today’s success is 「服を変え、常識を変え、世界を変えていく」というステートメント。これ・・・

「理念がない会社は、精神がない人間と同じ」!柳井氏が語る経営の本質!③

非常識に見えるような高い目標を掲げる 私の経営者としての第一歩は、まさに公認会計士のみなさんと深い関わりがありました。これからは、「経営」とは何かということについて少しお話ししたいと思います。 Hold high goa・・・

「理念がない会社は、精神がない人間と同じ」!柳井氏が語る経営の本質!②

株式公開できる実力を持つこと、それが本質 Having the ability to be publicly available, that is essence たぶんこの本を読んで電話してくれということだと思ったんで・・・

EVブームの次に来るFCVのメガトレンド!! 日本のダントツ水素技術が世界を圧倒か!?(完)

国の「水素・燃料電池戦略ロードマップ」では、現在100カ所程度の水素ステーションの数を、2020年度までに160カ所、25年度までに320カ所へと増加させる目標を掲げている。今年3月には、自動車メーカー、水素インフラ事業・・・

「理念がない会社は、精神がない人間と同じ」!柳井氏が語る経営の本質!①

予定納税という理不尽な仕組み Unreasonable system of planned tax payment まず、私が経営者として駆け出しの頃の話です。1971年に早稲田大学を出まして、当時はジャスコ、現在のイオ・・・

メガバンク最大の危機!!「5年後の銀行像」が描けない!(完)

そもそも日本の銀行は預金と融資の担当が別々で、10年付き合っても信用格付けができていない。顧客から見て組織が異なると、新たに「申込書」を提出しなければならない。顧客中心ではなく、銀行の縦割り組織の中で時代遅れの“天動説”・・・

メガバンク最大の危機!!「5年後の銀行像」が描けない!①

日本の銀行はメガバンクも地銀もジリ貧状態に陥り、経済紙誌には「銀行消滅」「銀行の危機」「銀行員が大量失職」「銀行員の不安」といった記事があふれている。 実際、日本経済新聞(5月17日付朝刊)によると、3メガバンクの201・・・

M&Aのプラットフォーム事業を手がけるFUNDBOOK が描く未来!!(完)

平等で可視化されたM&Aがもたらすもの What equality and visualized M & A brings さらに、同社はプラットフォーム上で「PMIの可視化」を実現するプログラムも開発中・・・

EVブームの次に来るFCVのメガトレンド!! 日本のダントツ水素技術が世界を圧倒か!?①

世界的な「EV(電気自動車)シフト」の潮流の陰で、存在感が薄くなったように見えるFCV(燃料電池自動車)だが、今後の展開はどのようになるのだろうか? このたび『日本の国家戦略「水素エネルギー」で飛躍するビジネス』を上梓し・・・

M&Aのプラットフォーム事業を手がけるFUNDBOOK が描く未来!!②

①⇒ 実は畑野自身も、廃業によって生活が激変した経験がある。14歳のとき、父親の勤務先だった山一証券が自主廃業。裕福な暮らしは一転し、畑野家は逆境に追い込まれた。苦労が絶えず、疲労困憊する両親を何とか助けたい。その切実な・・・

M&Aのプラットフォーム事業を手がけるFUNDBOOK が描く未来!!①

廃業率の増加。日本が抱える経済連鎖の断絶という問題に、平等で可視化されたM&Aという手法で、解決の糸口を切り拓こうとする社会起業家がいる。FUNDBOOK(ファンドブック)の畑野幸治が見つめるM&Aプラッ・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ