「Market or Economics」の記事一覧

(完) トランプ氏、世界過剰貯蓄に対する最適処方箋(日本株式キャッチアップラリーの推進力に)

就任直後のトランプ大統領は2018年中間選挙、2020年次期選挙を睨み、国内でかなりのリフレ政策を展開するだろう。議会での共和党多数確保はより政策の自由度を高める。2017年は米国成長率加速が予想される。海外に利益を留保・・・

⑧ トランプ氏、世界過剰貯蓄に対する最適処方箋(良好な日米関係が想定され、円高圧力は起きない)

上下両院を制した共和党の伝統的政策との折り合いをつけつつ、大胆な政策が打ち出されようとしている。トランプ氏がどう考えても実現不可能なポピュリスト的主張(保護主義、孤立主義、排外主義)を修正していけば、それはレーガン流保守・・・

⑦ トランプ氏、世界過剰貯蓄に対する最適処方箋 (トランプ政権登場の必然性、歴史的意義はあるのか)

変革が必要であった、①世界秩序、②富の還流、が行き詰っていた トランプ氏がレーガン氏の様に歴史的大統領になるのかならないのか、判断はあまりにも時期尚早ではある。しかし全くのアウトサイダーであったトランプ氏を登場せしめた必・・・

⑥ トランプ氏、世界過剰貯蓄に対する最適処方箋 (資本を還流させる政策オプション)

そこで余剰資本を政策の力で実体経済に還流させ成長加速により利子率が上昇するというシナリオが必要とされるのである。これができれば明るい将来展望が描かれる。資本を還流させる政策オプションとしては、 Therefore, th・・・

⑤ トランプ氏、世界過剰貯蓄に対する最適処方箋 (過剰貯蓄を成長に転換するトランプノミクス)

トランプノミクスの論理的正当性 トランプ氏のプロビジネス、プロ成長の政策が適切で、それゆえに株価上昇に結び付くと考えられるのは、それが世界的貯蓄余剰に対して最も有効な処方箋と考えられるからである。かねてから当社は、現在の・・・

④トランプ氏、世界過剰貯蓄に対する最適処方箋 (基本健全であった米国経済)

軽視され続けてきた米国経済の基本的健全性 それにしても何故突如として、憂鬱な展望ばかりが語られてきた米国において、バラ色に見えるシナリオが浮上したのだろうか。それは米国経済のファンダメンタルズが基本的に健全で、次期大統領・・・

③トランプ氏、世界過剰貯蓄に対する最適処方箋 (トランプノミクスのloserは中国)

エコノミスト誌(11月19日)は、トランプノミクスに対する懸念として、①ドル高による新興国の金融破たん懸念、②ドル高による米国経常収支の悪化に伴う貿易摩擦、③格差拡大、の3点を指摘しているが、③は成長加速でむしろ緩和され・・・

②トランプ氏、世界過剰貯蓄に対する最適処方箋(トランプノミクスが押し上げる米国の近未来経済ブーム)

壮大なスケールの景気浮揚効果 巨額の財政出動がもたらす財政赤字やドル高が引き起こす新興国経済に対する懸念ばかりが強調されるが、むしろ財政が引き上げる成長加速の連鎖効果に注目するべきである。 Economic floati・・・

①トランプ氏、世界過剰貯蓄に対する最適処方箋 (マーケットリサーチ振り返り)

ストラテジーブレティン 第172号 2016年11月28日 (1)レーガノミクス相場に匹敵する株価上昇の可能性 新次元に突入した世界経済と市場 トランプ氏の登場により、世界経済と市場は(多分地政学も)新次元に突入した。そ・・・

2019年のドル円は最悪シナリオ回避できるか (完)

その後の相場については、上記リスク次第という部分がかなり大きい。最悪の場合、英国が合意なき離脱に至り欧州経済が大幅に悪化、米中対立も先鋭化し両国および世界経済への減速懸念が改めて強まるとともに世界の株価や資源価格が急落と・・・

2019年のドル円は最悪シナリオ回避できるか ③

しかし、その後も減税措置の影響などから米経済の「1人勝ち」状態が続いたことに加え、米国が仕掛けた貿易摩擦もトランプ政権のアメリカ・ファースト(米国第一主義)によるものだけに、結局は米国有利に事が運ぶのではないかとの観測が・・・

2019年のドル円は最悪シナリオ回避できるか ②

政治面では特に欧州が注目を集めた。英国では欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)を巡る混乱がなお続いており、19年3月29日とされる離脱日が迫る中、緊張が高まっている。 Especially, Europe attract・・・

2019年のドル円は最悪シナリオ回避できるか ①

鈴木健吾 みずほ証券 チーフFXストラテジスト [東京 20日 ロイター] – 12月の米連邦公開市場委員会(FOMC)は、政策金利の誘導目標を0.25%引き上げ、ドットチャートにおける2019年の利上げ予想・・・

「為替条項」は杞憂、来年ドル120円突破へ (完)

<1ドル124円までのオーバーシュートも> ドル円のピークは、19年の夏場を想定しており、最大124円までオーバーシュートしてもおかしくないとみている。筆者の想定シナリオでは、その時点で米10年金利は3.6─3.8%に達・・・

「為替条項」は杞憂、来年ドル120円突破へ ①

[東京 19日] – 9月半ばから上昇基調が鮮明となったドル円は、10月に入り11カ月ぶりに一時114円台へ上昇した。その後、決算発表前の利食い売りとみられる米株の急落に見舞われ、111円台まで調整したが、来・・・

米国と中国の貿易戦争の「大規模な拡大」の後、次に何が起こるか? (完)

Ahead of Trump’s tariff announcement late Monday, top White House economic adviser Larry Kudlow said the・・・

米国と中国の貿易戦争の「大規模な拡大」の後、次に何が起こるか? ②

Beijing’s ‘very difficult’ decision Analysts have suggested that after Beijing runs out of U・・・

米国と中国の貿易戦争の「大規模な拡大」の後、次に何が起こるか? ①

China’s new tariffs will be levied at rates of 5% or 10%, depending on the product, from the same date, ・・・

アナン元国連事務総長が世界に遺した二つの贈り物 (完)

MDGsには「道半ば」という評価もあったが、その目標年だった「2015年」にこれだけ大きな潮流が訪れたのは、やはりMDGsという伏線が大きい。アナン氏は私たちにバトンを託したのである。 MDGs also had an ・・・

アナン元国連事務総長が世界に遺した二つの贈り物 ②

その結果、UNGCは2000年7月に正式発足した。「人権」「労働」「環境」「腐敗防止」に関わる10の原則について、企業や団体がその順守を「約束」し、国連に報告する。世界での署名団体は12000以上に達し、日本ではキッコー・・・

アナン元国連事務総長が世界に遺した二つの贈り物 ①

コフィ・アナン元国連事務総長が8月18日、死去した。80歳だった。1997~2006年まで国連事務総長を務め、2001年には国連とともにノーベル平和賞を受賞した。そのアナン氏が世界に遺した大きな贈りものが二つある。(オル・・・

Brexit(EU離脱)のための “ビジネスフレンドリー” な、英国の計画(完)

Jaguar Land Rover, Britain’s biggest carmaker with 40,000 employees, cautioned this week that a bad deal・・・

中国株、対米貿易摩擦による下落局面に終息の兆し見えず!(完)

市場エコノミストは、今年の中国の経済成長率の直接的な押し下げ効果が0.1─0.3%ポイントで、米成長率も若干下振れすると想定する。 ただし米国が本当に5000億ドル相当の中国製品に関税を適用するなら、そうした予想など吹き・・・

中国株、対米貿易摩擦による下落局面に終息の兆し見えず!①

[上海/シンガポール 6日 ロイター] – 米中両国の過去半年にわたる貿易摩擦によって、中国株は時価総額の約2割を消失し、人民元は急落してしまった。だがこれらの動きは、もっと大きな値下がり局面に至る「序章」に・・・

6.3兆ドルの借金:アメリカの企業は!?(完)

②⇒ 2. Jobs report: How much tighter can the US labor market get? We’ll find out Friday, when the Labor D・・・

Brexit(EU離脱)のための “ビジネスフレンドリー” な、英国の計画①

British Prime Minister Theresa May and her government have agreed a “business-friendly” plan for B・・・

6.3兆ドルの借金:アメリカの企業は!?②

①⇒ However, that pile of money is not evenly divided. In fact, the richest 1% of US companies control more tha・・・

6.3兆ドルの借金:アメリカの企業は!?①

1. Tower of debt: Corporate America is drunk on easy money. US companies, encouraged by a decade of unbelievab・・・

米中貿易戦は他のアジア諸国に深刻な影響(完)

Foxconn, which has major operations in mainland China, is unlikely to be the only company that’s concern・・・

米中貿易戦は他のアジア諸国に深刻な影響①(US-China trade war will spill into other Asian countries)

The fallout from a trade war between the United States and China will hurt other economies in Asia. 米国と中国の間の貿易・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ