「Diary in a day」の記事一覧

今、思うこと

苦しいです。苦しむことで生きる意味を感じられるから、苦しいのかなとも思う。 自分の言葉を綴るのは久しぶりです。能力がないから仕方がない。ブログの体裁を繕っているけど、 ・・・ごめんなさい。でも、翻訳文とワードのピックアッ・・・

今、考える生と光(三島由紀夫の死に関連して)

いろいろと大変なことがあり、毎日忙しく、でも体だけはなんとか元気。お金に追われ、夢と希望もないなと思いながら、その暗さがあるからこそ、向こうの方に光が見える。まわりが暗いから、光を追えるんですね。最近、分かってきたんです・・・

ある記憶③

「わたしをおおいに祝福してください。わたしの地堺を広げてください。あなたの御手がわたしとともにありますように。災いを遠ざけて私が苦しむことがありませんように。」何度この心の中のちょっとしたつぶやきに助けてもらっているだろ・・・

ある記憶

家の中が、がらんとしている。いやな胸騒ぎというより、いきなり2Fから突き落とされた感じといったほうが正確だ。最近、彼女の帰りがやけに遅くて、午後勤務で夜中に帰って来てもいない時がある。共働きだからといっても、常識があるだ・・・

ある記憶②

久しぶりですね、といってもブログの上のはなしですが。それに、見ているかどうかも分からない。というより、見てないでしょ。私がだれかも分からないでしょ。もう35~36年になりますか。 彼女のきれいさはとても印象的でした。当時・・・

死の恐怖

人と動物の違い、人は死を恐怖するが動物は果たしてするか? いや、動物も恐怖するだろう。ライオンに襲撃されたガゼルが、必死で逃げるのは、恐怖を感じている証拠でしょう。しかし動物は、予定的死というものを理解するだろうか? 例・・・

生と死

哲学者の言葉だ。 「死ぬときには、あなたという存在は無いのだから、 死が怖いわけがない。」 池田晶子は、生と死について明確に答えている。 死の謎については、古今の宗教者は様々に語っているが それを語るのは生きている人だ。・・・

威風堂々

ビクトール・フランクルの言葉は、すべて心に沁みてくる。 そうして僕は、徹底的に叩きのめされる。 僕の無力さ、脳は完全に麻痺してしまい、白い霧を漂う。 平原綾香の威風堂々は、ループしてヘッドホンを流れ続けている。 果てない・・・

アマポーラ、それは僕の永遠のマダム

アマポーラ 永遠のマダムよ ぼくは、初めて見た、君の美しい笑顔 そして、そのつぶらな瞳から伝う涙 ぼくは、初めて見た、その白い透き通った頬 その、赤い唇 そして、軽くカールした髪が、風にそよぐのを 君は知らない、僕の人生・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ