「Diary」の記事一覧

起源(Origin)⑤

無限の空間または広がりは存在する?存在すると仮定します。当然、仮定ですから、それは可能でしょう。間違った仮定であってもそれは仮定であるから。けれど、実際の空間が無限であるとして、無限の速度で宇宙船がその果てをめざしたとし・・・

起源④

今日は、アシスタントとしてバベルの塔にお住まいの、かの有名なとらぬ狸さんにも付き添っていただき、宇宙の旅に出たいと思っています。阿部先生よろしいでしょうか?時間をさかのぼるというか、さかくだるというかとにかく、どんどん時・・・

起源③

存在の起源がはたしてあるのか?存在の有限性の矛盾と存在の無限性の矛盾が同時性を持っている。時間を無限にさかのぼってゆき、そうして時間と空間はその境目を失って、らせん状になってその姿を変えてゆくとしよう。そうして時間の起源・・・

死の恐怖は人間だからね

死ぬときには、あなたという存在は無いのだから、死が怖いわけがない。という池田晶子さんの著作のなかで、哲学者の言葉として紹介されている。ぼくは、ちょっとだけ違う。死が90パーセント、目の前に迫った時、人は怖いと思うかどうか・・・

起源②

存在の非存在。あり、なし、あり、なし。在りという小島が、無しという海に漂流している。その無しという海はどこに、その定義の基点をおくのだろうか?存在という無限ではない小島のあの磯をぐるっとまわって、もとの磯に戻ってくるとし・・・

ある記憶③

「わたしをおおいに祝福してください。わたしの地堺を広げてください。あなたの御手がわたしとともにありますように。災いを遠ざけて私が苦しむことがありませんように。」何度この心の中のちょっとしたつぶやきに助けてもらっているだろ・・・

起源①

彼はかつてそこにいた。イェスという形をとっていないが、実在していた。傍らで、Aは緊張と退廃と脱力感と戦いながら、その状況とも戦っていた。彼はどこにいる?Aはどこだ?視点は存在するが、実態がない。過去と現在と振動を繰り返し・・・

短歌53

御国へは 行けるのですかと 聞いてみた 頑張りなさい とただ一言

短歌52

福音を 広げる義務を 負いなさい 御国への門 くぐりたいなら

短歌51

粛々と 死へといざなう ヒットマン 闇の支配者 エイズウイルス

短歌50

千尋の 谷から己 突き落せ 今いのちある ことの喜び

短歌49

ストレスや 試練なくして 生きるなば あなたはすでに 豚小屋の豚

短歌48

平穏な 暮らし支える 戦士たち 幾たび燃ゆる 戦火越えなん

短歌47

牢獄で 喜びなさいと パウロ説く 今まさに我 喜び祝う

短歌46

主に感謝 壁があるから 生きられる なければ波の まにまに溺死  

短歌45

神様が 与えてくれる 試練こそ 御国への道 喜び歌え

短歌44

逆境や 試練もみんな 肥溜めの 肥えとおなじさ このクソやろう

短歌43

信州の 山奥の里 戸隠の 山椒魚の 住み家訪れ

短歌42

5年後は この工場も定年か 再雇用への 道険し

短歌41

厳寒の 厳しき里も なつかしき 手編みのマフラー 坂道のそり  

短歌40

年往きて 昔の記憶 薄らぎて 辛き別れも 波の戯れ

短歌39

つぶしちゃえ 弱虫小虫 きんちょ虫 目を見開いて しっかり眠れ

短歌38

ここ一番 はやる気持ちはド素人 眠っていれば 事は運べる

短歌37

叶わない 夢ならばこそ 価値あらん 夢見る人よ 永遠に幸あれ

短歌36

佐藤氏の ナショナリズムを 匂わせる 与党大勝 野党分散  

短歌35

変化する 無限ループの獲得が 一つのカギか 自我意識とは

短歌34

絶対者 輪廻の支配 実無限 時間のむこう 越えてくる者

短歌33

目の疲れ 取れたと妻は 喜びて 話す傍ら 障害者手帳

短歌32

虚の山を めざす己に 悲しきも 辛きもあらじ けむる立山

短歌31

まさに今 電気自動車 開発に 自動車業界 生き死にをかけ

短歌30

人間の 取り扱うべき エネルギー リミッターこそ 必要なはず

短歌29

緊張と 死と窮地との 間にて 喜びなさい とぞパウロ説く  

短歌28

太陽系 となりの恒星 行くまでに 何万年を 要すでしょう

短歌27

PCの むこうの彼女 若き日の 我がビーナスの 雰囲気を持ち  

短歌26

親として やるべきことを やったのか 問いかけてみる 今の自分に

短歌25

ひたひたと 株は値段を 下げてゆく また上がるとの 期待つぶして

短歌24

きりきりと 株は値段を 吊り上げて いまぞと思う 時すでに過ぎ

短歌23

煙る雨 平気と声を 掛け合って 母も見守る 緑樹の広場

短歌22

己とは 情も無くして 利に敏し 器小さき 暗愚なりけり

短歌21

芝川の 高台に立つ 十字架よ 今も闇夜に 赤く輝け

短歌20

美しき 日本の四季よ いつまでも 残れと願う われ恐ろしき

短歌19

パウロにて キリスト教は 広まれり 異邦人への 救いの道が

短歌18

聖書には 言葉ありきと うたわれん 言葉がえぐる 己のあがき  

短歌17

フランクル あなたが会った 苦しみが 風化されない 世をめざしましょ

短歌16

美しき 面影追いし ふるさとの 旧家佇む 善光寺裏

短歌15

何気ない 景色を詠う 心をば 持たぬ我にも 救いありしか

短歌14

正体を 探し求めたその先は 吉と出るのか 凶と出るのか

短歌13

575 ことばを選ぶそのことが 見えぬ真理を 見せてくれなん

短歌12

キリストを 呼べば答えて くださるさ 不思議な方だ 人も不思議だ

短歌11

火星では 100m/sで 風が吹く 又三郎も 煽られるかな

このページの先頭へ