スキンライトニング ③

Skin‐lightening actives originating from microorganisms
There are also other non‐quinone–related agents with tyrosinase‐inhibiting activities such as Kojic acid (5‐hydroxy‐2‐hydroxymethyl‐4H‐pyran‐4‐one). Kojic acid is a naturally occurring hydrophilic fungal metabolite obtained from species of Acetobacter, Aspergillus and Penicillium [73]. The activity of kojic acid is believed to arise from chelating copper atoms in the active site of tyrosinase as well as suppressing the tautomerization of dopachrome to 5,6‐dihydroxyindole‐2‐carboxylic acid [59, 74]. Although kojic acid is a popular treatment for melasma, it can cause contact dermatitis, sensitization and erythema [65].
微生物起源の皮膚美白活性物質
例えばコウジ酸などのチロシナーゼ阻害活性を有する他の非キノン関連剤もある(5-ヒドロキシ-2-ヒドロキシメチル-4- Hピラン-4-オン)。コウジ酸は、Acetobacter、AspergillusおよびPenicilliumの種から得られる天然に存在する親水性真菌代謝産物である[ 73 ]。コウジ酸の活性は、チロシナーゼの活性部位に原子をキレート並びに5,6-ジヒドロキシインドール-2-カルボン酸〔にドパクロムの互変異性化を抑制することから生じると考えられている59、74]。コウジ酸はメラカスによく使われているが、接触皮膚炎感作紅斑を引き起こす可能性がある[ 65 ]。

Azelaic acid (1,7‐heptanedicarboxyilic acid) is a saturated dicarboxylic acid found naturally in wheat, rye, and barley. It is a natural substance that is produced by Pityrosporum ovale, a yeast strain [75, 76]. It is used as a treatment for acne, rosacea, skin pigmentation, freckles, nevi and senile lentigines [57, 64, 69]. The compound is able to bind amino and carboxyl groups and may prevent the interaction of tyrosine in the active site of tyrosinase and thus function as a competitive inhibitor. Interestingly, azelaic acid has been shown to inhibit thioredoxin reductase in guinea pig and human skin, on cultures of human keratinocytes, melanocytes, melanoma cells, murine melanoma cells and on purified enzymes from Escherichia coli, rat liver, and human melanoma [72]. This might explain the antiproliferative and cytotoxic effect of azelaic acid as thioredoxin reductase, the synthesis of deoxyribonucleotides, the substrate for DNA synthesis in the S‐phase of the cell cycle [77].
アゼライン酸(1,7-ヘプタンジカルボキシリック酸)は、小麦ライ麦、および大麦に天然に見られる飽和ジカルボン酸である。それによって生成される天然の物質である ピチロスポルム開存、酵母[ 75、76 ]。これは、にきび酒さ、皮膚の色素沈着そばかす母斑および老人性黒子治療薬として使用されている57、64、69]。この化合物は、アミノおよびカルボキシル基に結合することができ、チロシナーゼの活性部位におけるチロシンの相互作用を防止し、したがって競合阻害剤として機能することができる。興味深いことに、アゼライン酸は、ヒトケラチノサイト、メラノサイト、メラノーマ細胞、マウスメラノーマ細胞および大腸菌、ラット肝臓、およびヒトメラノーマ由来の精製酵素上のモルモットおよびヒト皮膚におけるチオレドキシンレダクターゼを阻害することが示されている[ 72 ]。これは、チオレドキシンレダクターゼとしてのアゼライン酸の抗増殖および細胞傷害効果、細胞周期のS期におけるDNA合成基質であるデオキシリボヌクレオチドの合成を説明するかもしれない[ 77]。

Flavonoid‐like agents
There are approximately 4000 flavonoids identified to date, and this class of plant polyphenols can be found in leaves, bark and flowers. They are reported to have a variety of effects such as anti‐inflammatory, antiviral, antioxidant and anticarcinogenic properties [59, 60, 75]. The main action behind the pigment‐reducing effect of flavonoids may be the ROS‐scavenging properties and the ability to chelate metals at the active site of metalloenzymes [60].
フラボノイド様薬剤
現在までに約4000種類のフラボノイドが同定されており、このクラスの植物ポリフェノールは葉、樹皮および花に見いだすことができる。彼らは[例えば、抗炎症、抗ウイルス、抗酸化及び抗発癌特性などの様々な効果を有することが報告されている59、60、75 ]。フラボノイドの色素減少効果の主な作用は、ROS捕捉特性および金属酵素の活性部位で金属をキレート化する能力である[ 60 ]。

A number of flavonoids are frequently used in skin‐lightening preparations such as aloesin, hydroxystilbene derivates and licorice extracts.
Aloesin has been proven to competitively inhibit tyrosinase but also been shown to inhibit TH and DOPA oxidase activities [78].
Some of the more efficient pigment‐lightening flavonoid subcategories are the hydroxystilbene compounds, of which resveratrol is one common example. Resveratrol is found in red wine and has been shown to reduce not only tyrosinase activity but also MITF expression in B16 mouse melanoma cells [60, 79].
多くのフラボノイドが、アロエシン、ヒドロキシスチルベン誘導体および甘草抽出物などの皮膚ライトニング調製物において頻繁に使用される。
アロエシンは競合的にチロシナーゼを阻害することが証明されているが、THおよびDOPAオキシダーゼ活性を阻害することも示されている[ 78 ]。
より効率的な色素増強フラボノイドのサブカテゴリのいくつかは、ヒドロキシスチルベン化合物であり、そのうちのレスベラトロールが一般的な例の1つである。レスベラトロールは赤ワイン中に見出され、B16マウスメラノーマ細胞[においてチロシナーゼ活性もMITF発現しないだけを減少させることが示されている60、79 ]。

JMギルブロ、MJオルソンらの論文から

Pocket



最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければうれしいです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ