スキンライトニング ②

Skin‐lightening activity by tyrosinase inhibition
The most common target for skin‐lightening activities is tyrosinase inhibition and below some of the most commonly used ones are reviewed.
チロシナーゼ阻害による皮膚ライトニング活性
皮膚ライトニング活動の最も一般的な標的はチロシナーゼ阻害であり、最も一般的に使用されるもののいくつか以下はレビューされている。

Quinone‐related compounds
Hydroquinone (1,4‐dihydroxybenzene) has been the conventional standard for treating hyperpigmentation for more than 40 years [53-55].
キノン関連化合物
ハイドロキノン(1,4-ジヒドロキシベンゼン)は、40年以上にわたり色素沈着を治療するための従来の標準であった[ 53 ] 〜 [ 55 ]。

The compound can be found in tea, wheat, berries, beer and coffee. Hydroquinone interacts with tyrosinase by binding histidines at the active site of the enzyme resulting in reduction in skin pigmentation in general, in melanosis but also unaffected skin of vitiligo patients to reduce overall pigmentation [56]. Additionally, hydroquinone induced generation of reactive oxygen species, and quinones leads to the oxidative damage of membrane lipids and proteins such as tyrosinase.
化合物は、茶、小麦果実、ビールおよびコーヒー中に見出すことができる。ハイドロキノンは、酵素の活性部位でヒスチジンを結合することによってチロシナーゼと相互作用し、メラニン症の皮膚色素沈着の減少をもたらすが、白斑症患者の皮膚にも影響を与え、色素沈着全体を減少させる[ 56 ]。さらに、ヒドロキノンによって誘導される活性酸素種およびキノンの生成は、脂質およびチロシナーゼなどのタンパク質の酸化的損傷をもたらす。

Hydroquinone is also thought to inhibit pigmentation by depleting glutathione, reducing DNA and RNA synthesis with concomitant melanosome degradation and melanocyte damage [57-61].
ヒドロキノンはまた、[付随メラノソーム分解及びメラニン損傷を有するDNA及びRNA合成を減少、グルタチオンを枯渇させることにより色素沈着を阻害すると考えられる57 – 61 ]。

However, the golden days of hydroquinone seem to have come to an end as this potent skin‐lightening agent can lead to permanent loss of melanocytes because of its oxidative damage of membrane lipids leading to irreversible loss of inherited skin colour [53]. In addition, it was recognized that this substance is transported rapidly from the epidermis into the vascular system and is detoxified within the liver into inert compounds [62, 63]. Because of the risks of side effects such as permanent depigmentation and exogenous ochronosis following long‐term use, hydroquinone has been banned by the European Committee (24th Dir 2000/6/EC).
しかし、ハイドロキノンの黄金時代は理由継承された肌の色の不可逆的な損失につながる膜脂質のその酸化的損傷のメラノサイトの永久的な損失につながることができ、この強力な美白剤として、最後に来ているように見える53 ]。また、この物質は血管系表皮から急速に搬送され、不活性化合物に肝臓内で無毒化されることが認められた62、63 ]。長期間使用した後の永久色素脱失や外因性ochronosisなどの副作用のリスクがあるため、ヒドロキノンは欧州委員会(第24回Dir 2000/6 / EC)によって禁止されています。

Another commonly used quinone used for skin‐lightening purposes is arbutin, which is a derivative of hydroquinone (hydroquinone‐O‐β‐D‐glucopyranoside) and is found in cranberries, blueberries, wheat and pears [53, 64, 65]. Arbutin is used as an effective treatment of hyperpigmentary disorders and displays less melanocyte cytotoxicity than hydroquinone. As for hydroquinone, arbutin inhibits melanogenesis by competitively and reversibly binding tyrosinase without influencing the mRNA transcription of tyrosinase [66]. The milder effect of arbutin compared to its mother compound, hydroquinone could be attributed to the glycoside form where the glycosidic bond needs to be cleaved prior affecting tyrosinase [67].
皮膚美白のために使用される別の一般的に使用されるキノン、ヒドロキノンの誘導体であるアルブチン、(hydroquinone-あるO -β-D-グルコピラノシド)および[クランベリー、ブルーベリー、小麦に見出される53、64、65 ]。アルブチンは、過色素性障害の有効な治療として使用され、ヒドロキノンよりもメラノサイトの細胞毒性が少ない。ハイドロキノンに関して、アルブチンは、チロシナーゼのmRNA転写に影響を及ぼすことなく、チロシナーゼを競合的および可逆的に結合することによってメラニン形成を阻害する[ 66]。アルブチンの母化合物であるハイドロキノンと比べると、アルブチンの効果は、グリコシド結合が切断されてチロシナーゼに影響を及ぼす必要があるグリコシド型に起因する可能性がある[ 67 ]。

The synthetically produced derivate of arbutin, deoxyarbutin, has been shown to be effective and safer skin‐lightening agent [59, 64, 68, 69]. Hu et al., compared the effect of hydroquinone, arbutin and deoxyarbutin and found that all three compounds had similar inhibitory effects on tyrosinase activity. The protein expression of tyrosinase was not affected by arbutin nor hydroquinone, whereas an effect on the protein level was seen by deoxyarbutin. Also, less melanocyte cytotoxicity was seen by deoxyarbutin compared to the two other quinones [68]. In a human clinical trial, topical treatment with deoxyarbutin for 12 weeks resulted in a significant reduction in overall skin lightness and improvement in solar lentigines in a population of light‐skinned or dark‐skinned individuals, respectively [70].
アルブチン、デオキシアルブチンの合成的に製造誘導体は、有効かつ安全な皮膚美白剤〔であることが示されている59、64、68、69 ]。Hu ら アルブチンおよびデオキシアルブチンの効果を比較し、3つの化合物のすべてがチロシナーゼ活性に対して同様の阻害効果を有することを見出した。チロシナーゼのタンパク質発現は、アルブチンまたはヒドロキノンの影響を受けなかったが、デオキシアルブチンによってタンパク質レベルへの影響が見られた。また、2つの他のキノンと比較して、デオキシアルブチンによってメラノサイトの細胞傷害性が低下した[ 68]]。ヒト臨床試験では、12週間のデオキシアルブチンによる局所治療は、明るい肌の人や暗い肌の個体集団において、全体の皮膚の明度の大幅な低下および太陽の斑点改善をもたらした[ 70 ]。

Interestingly, a mechanism of in vivo control of quinone‐mediated stress was proposed by Schallreuter et al. The authors found that the antioxidant system thioredoxin/thioredoxin reductase isoenzyme I/II and tetrahydrobiopterin are capable of electrochemically reducing quinones within the epidermis protecting the skin from topical applications containing quinones [71]. However, taking into consideration that fair skin individuals have low thioredoxin reductase/thioredoxin activities [72] together with low epidermal tetrahydrobiopterin levels [10], it was proposed that these individuals are more sensitive to topical applications of quinones, and therefore melanocyte toxicity could be more pronounced in this group [71].
興味深いことに、キノン媒介性ストレスのインビボ制御の機構が、 Schallreuter et alにより提案された。著者らは、チオレドキシン/チオレドキシンレダクターゼアイソザイムI / IIおよびテトラヒドロビオプテリンが、キノンを含む局所適用から皮膚を保護する表皮内のキノン類を電気化学的に還元することができることを発見した[ 71 ]。しかし、公正な肌の人が[低チオレドキシン還元/チオレドキシン活性を有することを考慮して72 [低表皮テトラヒドロビオプテリンレベルと一緒に] 10]、これらの個体はキノンの局所適用に対してより敏感であり、したがってこの群ではメラノサイト毒性がより顕著になることが示唆された[ 71 ]。

JMギルブロ、MJオルソンらの論文から

Pocket





最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければうれしいです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ