スキンライトニング ①

スキンライトニング成分
皮膚外観への関心が高まっている現在、多くの化粧品および製薬会社は、皮膚色素沈着変える研究に焦点を当てている。
Skin‐lightening ingredients
As of increasing focus on skin appearance, many cosmetic and pharmaceutical companies are focusing on research that will alter skin pigmentation.

今日、皮膚の色素沈着のレベルを低下させることができる多くの既知の物質が存在する。これらの活性物質の多くはチロシナーゼ阻害作用を有し、総メラニン生成を減少させる。今日使用されているチロシナーゼ阻害剤のいくつかは、例えば、コウジ酸、アルブチン、および様々な種類の植物またはハーブ抽出物である。メラニン細胞からケラチノサイトへのメラニンの移行に影響することが知られている分子もあり、ニコチンアミドや大豆などの全体的に明るい肌色をもたらす。皮膚の落屑を増加させる物質はまた、皮膚内の過剰なメラニン含量、例えばレチノイン酸を除去するために一般的に使用される。
There are today many known substances that can reduce the level of pigmentation in the skin. Many of these actives have a tyrosinase‐inhibiting effect leading to reduced total melanin production. Some of the tyrosinase inhibitors used today is for example kojic acid, arbutin and different kinds of vegetal or herb extracts. There are also molecules known to have an effect on the transfer of melanin from melanocytes to keratinocytes, leading to an overall lighter skin colour such as nicotinamide and soyabean. Substances that increase the desquamation of the skin are also commonly used to remove excessive melanin content within the skin, for instance retinoic acid.

この記事では、皮膚ライトニング製品で使用するために文献に報告されているいくつかの重要な脱色素剤およびライトニングのレビューを提示します。また、機械的肌ライトニングターゲットに関する新たな仮説提案されている。
In this article, we present a review of several important depigmenting and lightening agents reported in the literature for use in skin‐lightening products. Also, new hypothesis for mechanistic skin‐lightening targets are proposed.

JMギルブロ、MJオルソンらの論文から

Pocket





最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければうれしいです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ