スキンホワイトニングとは?③



Upregulation of tyrosinase caused by tyrosinase inhibitors: Several skin whitening agents including some which are tyrosinase inhibitors have been found to cause an increase in the expression of tyrosinase (which by itself would increase melanin synthesis).[20][12]

チロシナーゼ阻害剤によって引き起こされるチロシナーゼのアップレギュレーションチロシナーゼ阻害剤であるものを含むいくつかの皮膚美白剤は、チロシナーゼの発現の増加を引き起こすことが判明している(それ自体がメラニン合成を増加させる)。[20] [12]

 

Irreversible inhibitors of tyrosinase include: N-nonyl trans-caffeate,[21] α-Na8SiW11CoO40 (a polyoxometalate),[22] a structural analog of aloe emodin,[23] structural analogues of barbituric acid,[24][25][26] structural analogues of chalcone,[27] sodium hydrogen sulfite,[28] structural analogues of coumarin,[29] structural analogues of the following 2 compounds: benzene-1,2-diamine and 2-aminophenol, and 2,3-dihydroxybenzoic acid itself,[30] tetrahydrofolic acid,[31] analogues of pyrimidine and rhodanine,[32] tetrahydropterines,[33] cardol triene (a triene analogue of cardol extracted from cashew),[34] N-(3,5-dihydroxybenzoyl)-6-hydroxytryptamine,[35] aminoethylisothiourea,[36] 8-hydroxynaringenin,[37] NADH,[38] 8-hydroxydaidzein[39] and captopril.[9]

チロシナーゼの不可逆的阻害剤は、次のとおりn-ノニルトランス -caffeate、[21] α-ナ8 SIW 11のCoO 40(ポリオキソメタレート)、[22]の構造的アナログのアロエエモジン、[23]の構造類似体バルビツール酸、[24 ] [25] [26]の構造類似体カルコン、[27] 、亜硫酸水素ナトリウム、[28]の構造類似体クマリン、[29]次の2つの化合物の構造類似体:ベンゼン-1,2-ジアミン及び2-アミノフェノール、および2,3-ジヒドロキシ安息香酸自体、[30] テトラヒドロ葉酸、[31]の類似体、ピリミジン及びローダニン、[32]テトラヒドロpterines、[ 34] N – (3,5-ジヒドロキシベンゾイル)-6-ヒドロキシトリプタミン、[35]アミノエチルイソチオウレア、[36]カルソールトリエン(カシューから抽出されたカルソールのトリエン類似体) 8-ヒドロキシナリンゲニン、[37] NADH、[38] 8-ヒドロキシダイゼイン[39]及びカプトプリル。[9]

Inhibition of the expression or activation of tyrosinase[edit]
See also: transcription factor, hormone, and receptor (biochemistry)
Microphthalmia-associated transcription factor (MITF) is the master transcription factor that controls the expression of TYR, TRP1 and TRP2, MART1, PMEL17 and many other important proteins involved in the function of melanocytes.[notes 6] Downregulation of MITF decreases melanogenesis[notes 6] and is a mechanism of action of some skin whitening agents.[12][40] As an heuristic rule, agents acting through downregulation of MITF are more likely to have side effects that selective tyrosinase inhibitors.[notes 7] Various signaling pathways and genetic mutations  influence the expression of MITF.[notes 8][43][44]
Inhibitors of melanogenesis whose mechanism of action includes reducing the genetic expression of melanogenic enzymes include caffeoylserotonin,[45] AP736,[46] pomegranate extract,[47] and betulinic acid (extracted from Vitis amurensis root).[48]

チロシナーゼの発現または活性化の阻害[ 編集]
参照転写因子、ホルモン受容体(生化学)
小眼球症関連転写因子(MITF)がマスターである転写因子 TYR、TRP1及びTRP2の発現を制御する MART1、 PMEL17及びメラニン細胞の機能に関与する多くの他の重要なタンパク質。[注6] MITFのダウンレギュレーションはメラニン生成を減少させ [注6]、一部の皮膚美白剤の作用機序である。[12] [40]ヒューリスティックなルールとして、MITFのダウンレギュレーションを介して作用する薬剤が選択チロシナーゼ阻害剤、その副作用を有する可能性がより高いです。[注7] MITFの発現には、様々なシグナル伝達経路遺伝子変異が影響します。[注8][43] [44]
機構アクションのメラニン形成酵素の遺伝子発現を減少させることを含む、メラニン形成の阻害剤はcaffeoylserotonin、[45] AP736、[46] ザクロエキス、[47]およびベツリン酸(から抽出されたブドウamurensisのルート)。[48]

The MC1R receptor and cAMP[edit]
The melanocortin 1 receptor (MC1R) is a transmembrane and G-protein coupled receptor expressed in melanocytes. MC1R is an important target for the regulation of melanogenesis.[49][50][41] Agonism (i.e.: activation) of MC1R increases the ratio of eumelanin to pheomelanin and increases the generation of melanin overall.
MC1R/cAMP signaling pathway:[notes 8][notes 9][49][50][51] Activation of MC1R causes activation of adenylyl cyclase (AC), which produces cyclic adenosine monophosphate (cAMP), which activates protein kinase A (PKA), which activates (by protein phosphorylation) cAMP response element-binding protein (CREB), which upregulates MITF (CREB is a transcription factor of MITF). Whitening agents that interfere with the MC1R/cAMP signaling pathway have been reviewed by Chang (2012).[12]

MC1R受容体とcAMP [ 編集]
メラノコルチン1受容体(MC1R)が貫通し、Gタンパク質共役型メラノサイトにおいて発現された受容体。MC1Rは、メラニン形成の調節のための重要な標的である。[49] [50] [41] アゴニズム(すなわち、活性化)MC1Rのフェオメラニンのユーメラニンの割合を増加させ、全体的なメラニンの生成を増加させます。
MC1R / cAMPシグナル伝達経路:[ノート8] [ノート9] [49] [50] [51] MC1Rの活性化は、活性化させる、アデニリルシクラーゼ生成(AC)、環状アデノシン一リン酸活性化(cAMPの)、プロテインキナーゼAを( (によって活性化PKA)、タンパク質リン酸化)cAMP応答エレメント結合タンパク質 MITFをアップレギュレート(CREB)を、(CREBはMITFの転写因子です)。MC1R / cAMPシグナル伝達経路に干渉する白色化剤はChang(2012)によってレビューされている。[12]

MC1R ligands: alpha-melanocyte stimulating hormone (α-MSH),[notes 9] beta-melanocyte stimulating hormone (β-MSH) and adrenocorticotropic hormone are endogenous agonists of MC1R.[17]:1175 Agouti signaling protein (ASIP) appears to be the only endogenous antagonist of MC1R.[notes 10] Synthetic MC1R agonists have been designed; examples include the peptides afamelanotide and melanotan II.[49]
Mutations of the MC1R gene correlate, and in some individuals are at least partially responsible for red hair, white skin and an increased risk for skin cancer.[notes 11][49][54][50][55][56][57][58][59][17]:1175
Serotonin signaling[edit]

MC1Rリガンド: アルファ-メラニン細胞刺激ホルモン(α-MSH)、[ノート9] のβ-メラニン細胞刺激ホルモン(β-MSH)および副腎皮質刺激ホルモンは、内因性アゴニスト MC1Rの。[17]:1175 アグーチシグナリングタンパク質(ASIP)は、MC1Rの唯一の内因性アンタゴニストであると思われる。[注記10]合成MC1Rアゴニストが設計されている。例としては、ペプチドアファメラノイドおよびメラノタンIIが挙げられる。[49]
MC1R遺伝子変異相関し、一部の個体では赤毛、白い皮膚、および皮膚癌のリスクが少なくとも部分的には原因である。[注11] [49] [54] [50] [55 ] [57] [58] [59] [17]:1175
セロトニンシグナリング[ 編集]

Melanocytes express serotonin receptors and are capable of producing serotonin. Pharmacological interference with the serotonin system of melanocytes can result in either increased or decreased melanin synthesis. Serotonin itself is a weak inhibitor of tyrosinase[60] with 0.11 times the potency of kojic acid.[notes 12] Nonetheless, serotonin increases synthesis of melanin when its overall effect on melanocytes (as opposed to isolated tyrosinase) is evaluated.[61] Activation of 5-HT2B receptors with BW-723C86 inhibits melanogenesis[62] while activation of 5-HT2A receptors with the amphetamine structural analog DOI promotes melanogenesis.[63] The serotonin reuptake inhibitor (SRI) 6-nitroquipazine inhibits melanogenesis in-vitro.[64]

メラノサイトは、発現セロトニン受容体と産生することができるセロトニン。メラノサイトのセロトニン系との薬理学的干渉は、メラニン合成の増加または減少のいずれかをもたらし得る。セロトニン自体は、コウジ酸の効力の0.11倍のチロシナーゼ阻害剤である[60]。[12ノート】その場合にそれにもかかわらず、セロトニンは、メラニンの合成を増加させる全体的な効果メラノサイト(とは対照的には単離されたチロシナーゼ)評価されます。[61]の活性化5-HT 2Bは、受容体とBW-723C86を 阻害メラニン[62]アンフェタミン構造類似体DOI を用いた5-HT 2A受容体の活性化は、メラニン形成を促進する。[63]セロトニン再取り込み阻害剤(SRI)6-nitroquipazineはインビトロメラニン形成を阻害します。[64]

Pocket



最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければうれしいです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ