ハイドロキノン/安全でないスキンライトニングを禁止(FDA:米食品医薬品局)

BAN ON SKIN BLEACHING CREAMS CONTAINING HYDROQUINONE
Safe Skin Lightening
ハイドロキノン含有スキンブリーチングクリームのバン
安全なスキンライトニング

Fair & Flawless products DO NOT contain hydroquinone, mercury or any other dangerous or banned ingredients. Our unique formulations are the result of decades of expert research. At Fair & Flawless we adhere to the strictest standards. We bring you products that you can use with confidence they are safe and effective for your face, hands, and the rest of your body when applied and used according to package directions.
Fair&Flawless製品には、ハイドロキノン、水銀、その他の危険または禁止成分は含まれていません。当社のユニークな配合は、何十年にもわたる熟練研究の結果です。 Fair&Flawlessでは厳しい基準に準拠しています。パッケージの指示に従って使用し、使用すると、顔、手、その他の身体に安全で効果的な製品を安心してお届けします。

By ANDREW BRIDGES AP
The Food and Drug Administration proposed a ban Tuesday on over-the-counter sales of skin lightening products, saying possible health risks cannot justify their being sold without a prescription.
ANDREW BRIDGES APで
米食品医薬品(FDA)は、火曜日に、美容術製品の店頭販売を禁止し、可能性のある健康リスクが処方箋なしで販売されることを正当化できないと述べた。

The creams typically contain a drug called hydroquinone, a possible carcinogen also linked to a skin-disfiguring condition, the FDA said. While the actual risk of the drug is unknown, the agency said the products should be restricted to prescription use under medical supervision.
クリームにはハイドロキノンと呼ばれる薬が含まれている可能性があり、発癌性物質は皮膚の変形状態にもつながっているとFDAは述べている。医薬品の実際のリスクは不明であるが、医薬品監督下での処方使用に限定するべきだと述べた。

An estimated 65 companies in the United States sell roughly 130 different skin-bleaching creams and other products that contain hydroquinone, the FDA said.
Studies on rodents show only “some evidence” that hydroquinone may cause cancer. However, the drug’s link to a disfiguring condition called ochronosis has been widely documented since 1975 in black women and men in South Africa, Britain and the U.S.
米国の推定65社は、約130種類の皮膚漂白クリームやハイドロキノンを含む他の製品を販売している、とFDAは述べている。
げっ歯類に関する研究は、ハイドロキノンが癌を引き起こすかもしれないという「いくらかの証拠」しか示していない。しかし、オクロネロシスと呼ばれる変形状態へのリンクは、1975年以来、南アフリカ、イギリス、米国の黒人女性と男性に広く記載されています。

The condition is marked by the darkening and thickening of the skin, as well as the appearance of tiny dome-shaped bumps and grayish-brown spots, the FDA said. Studies report the signs have appeared in users even after short-term use of the creams. Since 1983, South Africa has limited the concentration of hydroquinone in skin-lightening products to 2 percent to combat ochronosis.
この状態は、皮膚の黒ずみと肥厚、そして小さなドーム型の隆起と灰色がかった茶色の斑点の出現によって特徴づけられる、とFDAは述べた。研究は、兆候が、クリームの短期使用後でさえ、ユーザーに現れたと報告している。 1983年以来、南アフリカは皮膚美白製品のハイドロキノンの濃度を2%に制限しており、これはOchronosisと戦っています。

Under the proposed FDA rule, all skin bleaching products — prescription and over-the-counter — would be considered new drugs. Manufacturers would have to seek FDA approval to sell them, and only then with a doctor’s note.
提案されたFDA規則のもとでは、処方薬および店頭販売されているすべての皮膚漂白製品は新薬とみなされます。製造業者は、FDAの承認を求めて、それを販売しなければならず、その後医師の注意を払わなければなりませんでした。

The FDA published the proposed rule Tuesday in the Federal Register. The agency will accept public comments through Dec. 26. It was not immediately clear when the rule could become permanent.
In 1990, the FDA declared that another skin-bleaching drug, ammoniated mercury, was not “generally recognized” as safe and effective.
FDAは火曜日に提案されたルールを連邦登録簿に掲載した。政府機関は12月26日までにパブリックコメントを受け入れる予定である。
1990年にFDAは、別の皮膚漂白剤であるアンモニア水銀が安全で効果的であると「一般的に認められていない」と宣言した。

Pocket



最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければうれしいです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ