未来型ビジネスの街、アムステルダムのサーキュラーエコノミー ⑥


──世界的に注目されているサブスクリプションのビジネスモデルとサーキュラーエコノミーは相性が良いのですね。同モデルの一番の肝としては、やはりサプライチェーンの見える化でしょうか。
The subscription business model and the circular economy, which are attracting worldwide attention, match well. As the best part of the model, is the visualization of the supply chain still possible?

サーキュラーエコノミーのベースはサステナブル(持続可能)であることなので、サプライチェーンのどの段階においても無理がなく、環境や社会、人に優しいアプローチであることは大前提となります。サプライチェーンが透明であれば、生産におけるあらゆるストーリーを知れて単純に楽しいですし、そうやって作られたものはやっぱり大切にしたいと思うじゃないですか。
As the circular economy base is sustainable (sustainable), it is a prerequisite that the approach is kind to the environment, society and people, at all stages of the supply chain. If the supply chain is transparent, it’s simply fun to know all the stories in production, and you still want to cherish what you’ve done.

マッド・ジーンズでは、工場労働者の有給休暇日数や女性従業員数などの労働環境をWebサイトに公表していますし、ブロックチェーンですべてのサプライチェーンに関わった企業の情報を公開し、情報操作などの不正ができないような仕組みを構築しているメーカーも出てきています。
Mad Jeans publish working environment such as factory worker’s paid leave days and the number of female employees on the website, publish information of companies involved in all supply chains in block chain, and manipulate information etc. There are also some manufacturers that have built a system that can not prevent fraud.

何より自分が買ったものが、どのように世界にインパクトを与えているかを知れる。自分がこのようなプロダクトを手にすることで、世界が少しずつよくなっていくんだと実感できるのは嬉しいですよね。
Above all, you can see how what you bought has impacted the world. I’m glad I can feel that the world is getting better little by little by getting such products.



最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければうれしいです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ