サステナビリティ(CSR)とは何か? (完)


サステナビリティという分野の範囲
サステナビリティは非常に広範囲の概念です。企業にとって何がコーポレート・サステナビリティ、すなわち持続可能な企業経営にとって重要ととらえるかは、当然ながら、誰かが決めるものではなく、経営者自身の認識と力量が問われる問題です。
Scope of the field of sustainability
Sustainability is a very broad concept. Naturally, what a company sees as important to corporate sustainability, in other words, sustainable corporate management, is not a matter of course for someone to decide, but it is a matter of questioning management’s own awareness and ability.

ですが、サステナビリティ課題として考慮すべき事項が見えてこなければ、対策も打てないかもしれません。サステナビリティの範囲の大枠を知る上で役に立つのは、サステナビリティ報告の国際的なスタンダードとなっている「GRIスタンダード」です。GRIスタンダードは、サステナビリティの要素として、経済、社会、環境の3つの観点から33テーマを挙げています。
However, if you can not see the issues to be considered as sustainability issues, you may not be able to take measures. It is the “GRI Standard”, which has become an international standard for sustainability reporting, that is useful for understanding the framework of the scope of sustainability. GRI Standards cite 33 themes from three perspectives of economy, society and environment as elements of sustainability.

今日、世界の潮流は、これら全てについてを同等に対応するのではなく、企業にとって重要なテーマを特定することが強く要求されています。テーマを特定するといっても、経営陣の個人的な関心や始めやすいテーマなどを選ぶのではなく、企業にもたらすリスクや機会の観点から、なぜそのテーマが重要なのかを客観的に説明することが求められています。
Today, the trend of the world does not correspond equally to all of them, but is strongly required to identify important themes for companies. Even if you identify the theme, do not choose the management’s personal interest or an easy-to-start theme, but objectively explain why the theme is important in terms of the risks and opportunities it brings to the company. Is required.

この重要性のことを英語で「Materiality(マテリアリティ)」と呼び、業界関係者の間では一般的な用語になっています。このマテリアリティ特定の上では、企業の内側の人たちの視点だけでなく、企業を取り巻く様々な利害関係者(ステークホルダー)からの意見を聞くことが必要です。
This importance is called “Materiality” in English, and it is a general term among industry participants. In identifying this materiality, it is necessary to hear not only the perspectives of people inside the company, but also the opinions from various stakeholders (stakeholders) surrounding the company.

とりわけ、企業にとって重要な関係者である株主、投資家が抱くマテリアリティ分野と、経営陣が位置づけるマテリアリティ分野を一致させることが強く求められています。
In particular, there is a strong demand to align the materiality areas possessed by shareholders and investors, who are important stakeholders for companies, with the materiality areas positioned by management.



最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければうれしいです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ