「時間は実在しない。幻想である」物理学者提唱の新理論 ②


■「ブロック宇宙論」
米マサチューセッツ工科大学の物理学者マックス・テグマーク教授は、「ブロック宇宙論」の立場から時間の実在を否定することができるという。「ブロック宇宙論」とは、時間とは現在から未来へ向かって流れていくものではなく、過去・現在・未来が等しいものとして存在すると主張する物理学的時間論である。
■ “Block cosmology”
According to Max Tegmark, a physicist at Massachusetts Institute of Technology in the US, he can deny the existence of time from the standpoint of “block cosmology.” “Block cosmology” is a physical time theory that does not mean that time flows from the present to the future, but that the past, the present, and the future exist as equal things.

やや分かりづらい概念で恐縮だが、中学校で習う二次元座標、いわゆるグラフを思い浮かべてもらえれば案外理解しやすい。二次元座標のx軸を時間軸とすると、x軸上の点を移動することで過去から未来まで自由自在に時間を設定することができる。そして、その点を操るあなたは、すべての時間を等しいものとして扱うことができるのだ。
It’s a bit confusing concept, but I think it’s easier to understand if you can imagine the so-called two-dimensional coordinates you learn in junior high school. Assuming that the x-axis of the two-dimensional coordinate is a time axis, time can be freely set from the past to the future by moving a point on the x-axis. And you manipulate that point, you can treat all the time as equal.

映画「インターステラー」に登場する4次元立方体も同様である。主人公クーパーが4次元立方体の中を移動することで、任意の時間に自由に“行く”ことができる。ちょうど3歩進むと明日になり、3歩下がると昨日になるようなものだ。彼にとって過去・現在・未来すべての時制は等しいものとして存在している。
The same is true for the four-dimensional cube that appears in the movie “Interstellar”. By moving the main character Cooper in the four-dimensional cube, he can “go” freely at any time. Just three steps ahead is tomorrow, and three steps down is yesterday. For him all past, present and future tenses exist as equal.

同じように、「ブロック宇宙論」では、過去・現在・未来にわたる全ての時間が空間的に位置づけられている。すると、取り返しのつかない過去や、自分が確実に死んでしまっている1億年後の未来などというものは存在しないと言えそうだ。このことから、テグマーク教授は、時間とは客観的な物理世界に実在するものではなく、「人間が生み出した幻想にすぎない」と結論する。
Likewise, in “block cosmology”, all time, past, present and future, is spatially positioned. Then, it can be said that there is no such thing as an irrevocable past or a 100 million-year future that you have definitely died. From this, Professor Tegmark concludes that time does not exist in the objective physical world, but is “an illusion created by humans.”

「流れる時間という幻想は脳が生み出しています。すでに過ぎた過去があるように感じるのは、我々の脳が記憶をとどめておくからに他なりません」
“The illusion of flowing time is being created by the brain. It’s all about feeling that there is a past that has already passed, because our brain keeps memories.”



最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければうれしいです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ