現実を受け入れながら夢を見る 「矛盾」がある人が実は強い ②


生命は生きるだけでそもそも矛盾を抱えている
原点に立ち返ってそもそもですが、生命自体が生きているだけで多くの矛盾を抱えています。
生命は「個体として生き延びてとして繁栄する」ことをミッションとして、その様々な仕組みを持っています。しかしそのミッション自体が矛盾を含んでいます。
Life is a contradiction in the first place just by living
Although it is in the first place to return to the origin, I have many contradictions just because life itself is alive.
Life has its various mechanisms as “mission to survive as individual and prosper as seed“. But the mission itself contains contradictions.

例えば、個体として生き延びるために必要なのは「利己」的思考なのに対し、繁栄のために必要なのは「利他」的思考です。また、細胞にとっての死が個体の生を生み、我々一人ひとりの個体がいずれは死ぬことが種全体の繁栄を生み、生物種の栄枯盛衰が生命を存続させる、というように利害が一致しないように見えます。
For example, what you need to survive as an individual is “selfish” thinking, whereas what is necessary for prosperity of species is “altruistic” thinking. Also, to ensure that the death for the cell creates the life of the individual, that each individual’s individual die in prosperity of the whole species, the prosperity of the whole species will prosper, the living things of the species will survive the life and so on I can see.

ここで、例えば「細胞が死んで入れ替わった方が体を健康に保つことができる」という風に、メカニズムを客観視すると誰もが同意するにも関わらず、「我々人が死んで入れ替わった方が人類を健康に保つことができる」と、自分が一員になって主観的になった瞬間、「一人の命と多くの人の命はどちらに価値があるのか?」というような矛盾的な問いを抱えたりします。
Here, for example, if anyone agrees with the objective that the mechanism is objective in the sense that “the person who has replaced the cell dead and can replace the body will be able to keep the body healthy”, ” Can keep humanity healthy, “the moment when I became subjective and becoming subjective, there is a contradiction like which one is worth and the life of many people is worth? I have a question.

ここから考えられることは、本当は矛盾はどこにも存在せず、どこに「主観的な思考の系」を作るかという思考枠が複数存在するだけだということです。
What can be thought from here is that there really is not contradiction anywhere and there are only a few thought frames of where to create a “subjective thinking system”.



最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければうれしいです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ