2019年のドル円は最悪シナリオ回避できるか ①


鈴木健吾 みずほ証券 チーフFXストラテジスト

[東京 20日 ロイター] – 12月の米連邦公開市場委員会(FOMC)は、政策金利誘導目標を0.25%引き上げ、ドットチャートにおける2019年の利上げ予想回数を3回から2回へ下方修正するという、ほぼ想定通りの結果に終わった。
TOKYO, Dec 20 (Reuters) – The Federal Open Market Committee (FOMC) in December raised the policy interest rate guidance target by 0.25% and lowered the expected rate hike in 2019 from three to two in the dot chart It is almost as expected that we will modify it.

ただ、市場の期待がかなりハト派寄りに傾いていたせいか、パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長による直近の発言などを受けて、「結果が思ったほどハト派的ではない」として直後の金融市場は米株下落、ドル買いという反応となった。
However, as market expectations are pretty inclined towards pigeons, according to recent remarks by Powell Federal Reserve Chairman of the Federal Reserve Board (Federal Reserve Board), “immediately after the result is not as pigeonish as expected” The financial market was a reaction of US stock falls and buying dollars.

ドル円は若干反発したものの、FOMC参加者による19年の成長予想が引き下げられるなど米景気減速に対する懸念は強く、S&P500指数も年初来安値を更新して引けるなど予断を許さない状況が続いている。
Despite a slight rebound in the dollar yen, concerns over the US economic slowdown such as the 19-year growth forecast by the FOMC participants are lowered are strong, and the S & P 500 index is still unpredictable, such as being able to withdraw at the beginning of the year .

<リスクに囲まれた年>
振り返れば、18年はリスクに囲まれた年だった。
為替市場でもその傾向は顕著だ。18年のこれまでの通貨騰落率をみると、円が全面高となっている。円とほぼ同じ程度に買われているのがドル、その次に買われているのがスイスフランとなり、売られた通貨には新興国通貨が並ぶ。
In retrospect, 18 years was a year surrounded by risk.
The trend is also prominent in the exchange market. Looking at the currency declining rate in 18 years, the yen has become high overall. It is the dollar that is bought almost as much as the yen, the Swiss franc is the next bought, and the currencies sold are emerging country currencies line up.

買われた上位3通貨、円、ドル、スイスフランといえば為替市場における「安全通貨」の代表格だ。つまり、今年の為替市場は「安全通貨買い・新興国通貨売り」という質への逃避的な構図浮かび上がり、年を通じた市場のテーマは「リスク」であったことが確認できる。
Speaking of the top three currencies bought, yen, dollar and Swiss franc is the representative of “safe currency” in the exchange market. That is, this year’s exchange market emerges as an escapeful composition to the quality of “purchasing safe currency and selling currency in emerging countries”, and it can be confirmed that the theme of the market throughout the year was “risk”.

そのリスクも1つや2つではなかった。少し考えるだけでも「摩擦」「政治」「新興国」「減速」など多くのキーワードが浮かび、それらはまた互いに関連し合っている。
米国が引き起こした通商摩擦は、貿易戦争懸念や米中対立を引き起こし、18年のもっとも大きなリスクの1つとなった。
The risk was not one or two. Many keywords emerge, such as “friction”, “politics”, “emerging countries”, “deceleration“, even by thinking a little, they are also related to each other.
Trade friction caused by the United States caused concern of trade war and confrontation between the United States and China, and it became one of the biggest risks in 18 years.



最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければうれしいです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ