金融株の「ブラックスワン」、マネロン200兆円の闇 ①


外為フォーラムコラム2018年12月27日
大槻奈那 マネックス証券 執行役員チーフ・アナリスト

[東京 27日] – クリスマス直前の21日、ドイツ銀行(DBKGn.DE)の株価が過去最安値をつけた。同銀の株価純資産倍率は0.23倍と、清算価値を大幅に割り込んでいる。世界的な株安と連動したもあるが、もう1つの要因は資金洗浄(マネーロンダリング)の摘発である。
[Tokyo 27] – Deutsche Bank (DBKGn.DE) stock price hit a record low on the 21st just before Christmas. The stock price net asset multiplier of the same bank is 0.23 times, which is substantially lowering the liquidation value. There are also aspects linked to global stock weakness, but the other factor is cautioning money laundering (money laundering).

11月末、ドイツ銀行に総勢170人もの警察官や検察官、税務調査官らが家宅捜索に入った。著名人や政治家の税逃れの実態を明らかにした「パナマ文書」絡みのマネロン事件への関与した疑いがあるという。次いで米投資銀ゴールドマン・サックス(GS.N)も、マレーシアの政府系投資会社1マレーシア・デベロップメント(1MDB)事件への汚職・資金洗浄疑惑捜査に関連した証券関連法違反の疑いで刑事訴追された。いずれも、株価が急落した。
At the end of November, a total of 170 police officials, prosecutors, tax examiners and others entered the house bank in Deutsche Bank. He said he suspected that he was involved in the Mana Long incident involving a “Panama document” which revealed the actual circumstances of celebrities and politicians’ escape from taxes. U.S. investment banker Goldman Sachs (GS.N) was also criminalized for alleged violation of securities-related laws related to investigations of suspicion of corruption and money washing of a Malaysian government investment company 1 Malaysia Development (1 MDB) case It was. In both cases, the stock price plummeted.

今年は、こうした世界のトップ金融機関を巻き込んだマネロン疑惑が連発している。9月には、デンマーク最大手銀ダンスケ銀行のマネロン疑惑が連日報じられた。同行のエストニア支店などを通じた、過去8年間で最大2000億ユーロ(約25兆円)に上るマネロン疑惑が浮上している。
This year, suspicions of Merlon involving such top global financial institutions are occurring. In September, alleged suspicion of Danish biggest silver danske banker Mannellon was reported every day. Suspicion of Merlon, which has reached up to 200 billion euros (about 25 trillion yen) in the last 8 years through the Bank’s Estonia branch and the like is emerging.

過去最大のマネロン事件は、1991年に倒産した英国のBCCI(国際商業信用銀行)で、洗浄総額は200億ドルとされていたが、この疑惑が事実だとすればこれを上回る史上最大規模となる。
The biggest ever Manonel incident in the past was the BCCI (International Commercial Credit Bank) in the UK that went bankrupt in 1991, the total washing was set at 20 billion dollars, but if this allegation is true, it is the largest ever in history Become.

国連などの試算によると、世界で洗浄されている資金は、世界国内総生産(GDP)の2─5%、つまり年間200円規模に上る。資金の流れを断つことができれば、多くの犯罪を防止できる。「防波堤」としての金融機関の役割は大きいはずだが、うまく機能していないのが現実だ。
According to estimates by the United Nations etc, the funds being washed in the world are 2 – 5% of the world GDP, or 200 trillion yen annually. If we can cut off the flow of funds, we can prevent many crimes. The role of financial institutions as “breakwaters” should be large, but reality is that it does not function well.



最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければうれしいです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ