金融株の「ブラックスワン」、マネロン200兆円の闇 (完)


さらに厄介なのは、言語の違いだ。日本では、外国人も口座をカタカナ表記で作成できる。アルファベットが正式名称であれば、いわゆる「仮名」口座の作成は簡単だ。世界の「ブラックリスト」に掲載されている名前は当然アルファベット表記であるため、二重三重にチェックをしても、他国に比べて検知するための難易度が高い。
Even more troubling is the language difference. In Japan, foreigners can also create accounts in katakana notation. If the alphabet is the official name, creating a so-called “kana account” is easy. Since the name published in the “black list” of the world is naturally alphabetical notation, even if double triple check is done, the degree of difficulty to detect compared to other countries is high.

政府方針では今後、外国人労働者受け入れ促進のため、彼らの銀行口座開設を容易にするという。チェックの手間は格段に増え、その分、抜け道も増える可能性がある。
Government policies will make it easier to open their bank accounts to promote foreign workers acceptance in future. The trouble of checking increases markedly, there is a possibility that the number of loopholes also increases.

<マネロンは金融株の「ブラックスワン」>

もし日本が来年のFATF審査にパスしなければどうなるだろうか。FATFに法的制約はないが、各国のマネロン対策が厳しくなる中で、外銀が邦銀経由の送金を受けにくくなる可能性がある。受け入れを制限する外銀が出てくるリスクも否定できない。また、マネロン対策が甘い国だと改めて認定されてしまうことで、犯罪組織に狙われる可能性もある。
What if we do not pass Japan’s FATF examination next year? Although there is no legal restriction on FATF, as foreign country countermeasures against manufacturers become stricter, there is a possibility that foreign banks are less likely to receive remittances via Japanese banks. We can not deny the risk of foreign banks restricting acceptance. In addition, criminal organizations may also be targeted by being accredited again as a country where measures against manor is sweet.

FATFが設立された30年前の報告書では、世界のマネロン金額は850億ドルと推定されていた。この数字が正しければ、FATFが設立されて以降、マネロンは根絶されるどころか、20倍に膨張したことになる。名誉回復のため、FATFも各国当局も一層対応を厳しくする可能性がある。
In the report 30 years ago when FATF was founded, the amount of moneyoning money in the world was estimated at $ 85 billion. If this number is correct, since FATF was established, not being eradicated, Manelon has expanded 20 times. Because of honor recovery, there is the possibility that the FATF and national authorities will further strengthen their response.

市場が予想することが難しいイベントだけに、マネロン事案での摘発は株価への影響が大きく、意外な「ブラックスワン(想定外の出来事)」となる可能性も否定できない。それでなくても株価の動揺が著しい銀行業界だが、マネロンリスクは、もう1つの懸念材料となりそうだ。
Only the events that the market is difficult to predict can not deny the possibility that caution in the case of Manon Long will have a large impact on stock prices and it will be surprising “Black Swan (unexpected incident)”. Even without it, banking industry with sharp stock price turmoil, merryon risk is likely to be another concern.



最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければうれしいです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ