遠くまで行かなくても世界を知る方法 (完)


近年そういった批判をされたベストセラーの小説とそれを映画化したものでは、「The Help(邦題「ヘルプ〜心がつなぐストーリー」)」があります。
The best-selling novels that have been criticized in recent years and those that have been converted into films have “The Help”.

公民権運動が盛んになっていた60年代アメリカ南部での白人女性と黒人のメイド2人の物語で、心温まるストーリーなのですが、白人女性の作者が主人公の白人女性を良い人として描いていることで、黒人の読者からは「和解ファンタジー」という感じで批判されていました。私も読んでいて、そのあたりに居心地の悪さを感じたのは事実です。
This is a heartwarming story about the story of a white woman and two black maids in the South of the 1960s when the civil rights movement was thriving, but the author of the white woman is drawing the white woman of the main character as a good person So, black readers were criticized for the feeling of “reconciliation fantasy”. It is a fact that I also read and felt uncomfortable about it.

アメリカでは日本人はマイノリティなので、日本からアメリカに来た方はマイノリティの気持ちを想像しやすいと思います。でも、日本に住んでいる日本人はマジョリティなので日本でのマイノリティの気持ちが想像しにくいのではないかと。
Japanese people are minorities in the United States, so it is easy for those who come to Japan from Japan to imagine the feelings of minorities. However, the Japanese who live in Japan are the majority, so it may be difficult to imagine the feeling of minority in Japan.

アメリカの『和解ファンタジー』について知った方は、この機会に「場所を日本に置き換えたらどういうものになるだろう?」といったことを考えてみてもいいかもしれません。
If you are familiar with the American “Reconciliation Fantasy,” you may be tempted to think about what it would be like to replace the place with Japan.



最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければうれしいです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ