遠くまで行かなくても世界を知る方法(翻訳家の渡辺由佳里氏) ①


石井 節子 , FORBES JAPAN
フォーブス ジャパン ウェブ編集部 エディター

日系企業に勤めていても、「多国籍プロジェクト」が日常的になるともいわれる昨今。日本以外の世界への「思い込み」を去ることは、現代ビジネスマンとしての必須教養ではないだろうか。
そんな中、アメリカ現地から「アメリカの今」を日本語で伝える活動を続ける、ジャーナリスト、エッセイスト、洋書書評家翻訳家の渡辺由佳里氏にメールインタビューした。
Even though I work for a Japanese company, nowadays it is said that “multinational projects” will become routine. It may be an essential culture as a modern business man to leave the “premise” to the world other than Japan.
During that time, I conducted an email interview with journalist, essayist, foreign-language book reviewer, and translator Yukari Watanabe, who will continue to communicate the “now of the United States” in Japanese from within the United States.

渡辺氏は1995年より、アメリカ人の夫とボストン近郊在住。「ニューズウイーク日本版」で【2016米大統領選】最新現地レポートを担当したほか「ベストセラーからアメリカを読む」を連載中。
Mr. Watanabe has been living near Boston with an American husband since 1995. In “Newsweek Japan version” [2016 US Presidential Election] in charge of the latest local report In addition to “Reading the United States from the best seller” is being serialized.

「cakes(ケイクス)」では「アメリカはいつも夢見ている」、「アメリカ大統領選、やじうま観戦記」、Findersでは「幻想と創造の大国、アメリカ」を連載するなど、現地の現在、そして過去、未来を現地から日本語で紹介している。作家としても、2001年に小説『ノーティアーズ』で小説新潮長篇新人賞受賞。
In “cakes (Keikes)”, “US always dreams”, “US presidential election, Yajiuma watching record”, and “The great power of fantasy and creation, America” ​​is serialized in Finders, etc., the present, the past, the future of the local Is introduced from the field in Japanese. As a writer, she received the novel Shincho Nagare newcomer award in 2001 for the novel “Notice”.

その選書眼、書籍の評価軸には定評があり、新刊洋書を紹介するブログ「洋書ファンクラブ」は、多くの出版関係者が選書の拠り所にするほか、定期的にチェックする読書人が多いことで有名だ。
英語の業務メールに抵抗をなくすためにも効果的な、「完読できる洋書」も教えていただく。
There is an established reputation in the selection axis of the book, the evaluation axis of the book, and in addition to the fact that many publishers rely on selected books, there are many readers who check regularly, as well as the blog “Western fan club” introducing new books. It is famous for.
You will also receive “Full-Reading Western Books” that are effective in eliminating resistance to English business emails.

──まずは、自分以外の世界への「思い込み」についてうかがいます。日本にも読者の多いナイジェリアの作家、チママンダ ・アディーチェ氏が、アメリカの大学でルームメイトに英語が達者であることを驚かれ、「持ってるCDはやっぱりアフリカの民族音楽よね?」と言われたそうです。アディーチェ氏は「会う前から彼女は私を、かわいそうなアフリカ人の女の子と思っていたんでしょう。
First of all, we will talk about “belief” to the world other than yourself. A Nigerian writer with many readers in Japan, Cimamanda Adieche, was surprised by the roommate at the American university that she was a master of English and was told, “The CD you’ve got is still African folk music?” is. “Before I met, she thought I was a poor African girl.

きっと、アフリカについての『シングルストーリー』しか知らなかったんですね」と語っています。
私の夫はアメリカ国籍の白人なのですが、付き合いはじめた1980年代後半に彼の故郷で体験した「シングルストーリー」があります。
彼の実家はニューヨーク郊外のコネチカット州にある裕福な町で、日本人はほとんどいませんでした。
Surely, I only knew “Single Story” about Africa. ”
My husband is a white American citizen, but there is a “single story” I experienced in his hometown in the late 1980’s, when I started to associate.
His family is a wealthy town in Connecticut, a suburb of New York, with very few Japanese.



最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければうれしいです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ