起業のきっかけは犠牲者との出会い、人身売買と闘うアイス (完)

それから3年後、バンワゴナーは母親のアイスクリームメーカーを使い、自家製の濃厚なアイスを作る練習を始めた。性目的の人身売買に関する意識を高める熱意と新たに見つけた趣味をつなげたかった彼女は、エクソダス・クライと連絡を取り、パートナーシップを求めた。それ以来、バンワグナーは、性目的の人身売買問題に関する意識向上の場として自身のブランドを活用してきた。
Three years later, Ban Wagoner started using the mother’s ice cream maker to practice making homemade rich ice cream. She wanted to connect his enthusiasm for awareness of trafficking for sexual purpose with a newly found hobby, she contacted Exodus Cry to seek partnership. Since then, Ban Wagner has been using his brand as a place to raise awareness about sex trafficking trafficking issues.

バンワゴナーは、ユニークな味を集めたメニューを作成後、2017年10月にコーン・アペティートを創業。彼女は近々、オンラインショップの開設を目指すとともに、性目的の人身売買の危険にさらされている女性や、そうした状況から逃れた女性を採用し、取り組みへの意識をさらに高めることを考えている。
After creating a menu that gathers unique tastes, Banwagoner founded Corn Apetit in October 2017. In the near future, she aims to open an online shop and is considering women who are at risk of human trafficking for sexual purposes and women who escaped from such situations to further raise their awareness of the initiatives.

「私たちのサービス提供方法や他者の愛し方は型にはめられないということを、私はじかにこの目で見ている」とバンワゴナー。「私たちはアイスクリームを使い、人身売買と闘うことができる。アイスクリームはこれ以上良くならないと思ったときでも、それを食べれば世界を救うことができる」
“I see this with the eyes that the method of providing our service and how to love others is not molded,” Bangwagoner said. “We can use ice cream and fight against trafficking, even when I think that ice cream will not be better, we can save the world if we eat it”

Pocket



最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければうれしいです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ