資本主義と流通について①


利潤追求の資本主義への懐疑の気持ちがある。自然な感情だと思う。温室効果ガスの増大が大量生産・大量消費というメカニズムのなかで顕著になってきたようだ。温暖化により気候変動が激しくなり、地球の各地域で災害の増加の加速を招いている。コロナウィルスなどの突然変異と人への感染により、パンデミックが起こり、何十万という人が倒れた。しかし、なんとか最先端のワクチン技術でこの危機を乗り越えようというところまできている。
There is a feeling of skepticism about capitalism in pursuit of profit. I think it’s a natural emotion. The increase of greenhouse gases seems to have become remarkable in the mechanism of mass production and mass consumption. Global warming has intensified climate change, leading to an acceleration of the increase in disasters in each part of the earth. Mutations such as coronavirus and infections of people have led to pandemics that have dedered hundreds of thousands of people. However, we have managed to overcome this crisis with state-of-the-art vaccine technology.

肥大化する経済成長は、富の再分配捻じ曲げてしまっているのだろうか?富豪と貧困の格差を加速しているのだろうか?
Is bloated economic growth twisting the redistribution of wealth? Is it accelerating the gap between rich and poverty?

(シマちゃん)



最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければうれしいです。

コメントを残す

このページの先頭へ