資本主義と流通について②


倫理観が働かなければ、無差別に利潤追求の泥沼の闘いに明け暮れるといっても過言ではないような、原理的に膨張のコントロールが難しいのであろう資本主義であるが、生産などの国有化によりコントロールできるとした共産主義は、その行き過ぎた独占的国家体制による矛盾をあいついで露呈し、失敗してきている。
Communism which is made to be able to control it by nationalization such as production exposes the contradiction by the exclusive state system which has gone too far, and has failed though it is capitalism which will be difficult to control expansion in principle even if it is said that it spends all its time in the fight of the quagmire of the profit pursuit indiscriminately if ethics does not work.

流通というものは、人間が安全に健康的に前向きに、社会的動物として生きていく上での大事なシステムなんだろうと思うが。
I think distribution is an important system for human beings to live safely, healthy, positively, and as social animals.

(シマちゃん)



最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければうれしいです。

コメントを残す

このページの先頭へ