西郷どん 国父様「やっせんぼが!」Adoribu calls it emotionally.

4日放送のNHK大河ドラマ「西郷どん」の第41回「新しき国へ」で、俳優・青木崇高演じる薩摩の国父こと島津久光が、明治新政府での無力を口にした西郷吉之助(鈴木亮平)を叱った「こん、やっせんぼがっ!」の名セリフについて、青木がドラマの公式HPで本番で飛び出したアドリブだったことを明かしている。
On the 4th day broadcast NHK Taiga Dora “Saigo Don” to the 41st “To the New Country”, actor Akiki Sakuni high-ranking Satsuma’s national father Shimazu Hisamitsu took powerlessness at the Meiji New Government Yoshinosuke Saigo (Ryohei Suzuki) ) Was revealed that Aoki was an ad lib that jumped out in the production on the official HP of the drama about the name speech of “Kon, Kenshinbok!”

第41回は、久光が新政府の廃置県策にキレて、夜通し花火を打ち上げて怒りを示すシーンから始まった。西郷とは長く根深い確執があり、生涯相容れなかったとされるが、物語の終盤、久光が対立してきた西郷を叱り「最後までやり抜くんじゃ。倒れたら、薩摩に帰ってこい」と励ました予期せぬシーンに、放送後から驚きと感動の声が相次いでいる。
In the 41st session, Hisamitsu celebrated the measures of the new government’s abandoned clan store premises, starting from the scene showing the anger by launching fireworks all night. It is said that Saigo has a long and deeply feud and is incompatible with his life, but scolded Saigo who confronted Hisamitsu at the end of the story, “I will pull through until the end, if it collapses, come back to Satsuma” and encouraged me to unexpected In the scene, the voices of surprises and impressions are successive since the broadcast.

「やっせんぼ-」は弱虫の意で、久光の兄島津斉彬(渡辺謙)がドラマの序盤に、幼少期の西郷が大ケガをして刀を振れなくなったと泣いていた際にかけたセリフ。青木は公式HPで「懐かしい兄上のセリフを使わせてもらいました。これを言えるのは、自分しかいないんじゃないかと思ったわけです」と明かしている。
“Yasushinbo -” means a weak woman, a line spoken when Hisamitsu’s brother Shimazu Noriaki (Watanabe Ken) cried at the beginning of the drama, Saigo in early childhood was injured and the sword stopped swinging. Aoki on the official website revealed, “I used a nostalgic brother’s line, I thought that I could only say that I am the only one who can say this.”

これまでクセのある久光を演じ、怪演、顔芸と話題になっていたが、西郷と心をかよわせた名場面は、放送後からネット上では「国父様に泣かされた」「演技力がすごい」「青木さんの怪演で久光が好きになった」「優香の旦那の神回」との投稿が相次いでいる。
一方で、10月末から公式HPでスタートした、久光が視聴者の質問に答えるなどするコメディー企画「国父チャンネル」も、「面白すぎる」「終盤にとんでもない企画を…」と人気を集めている。
Having played Hisamitsu with habit, it was talked about phantom, facial tricks, but the naming scene with Saigo and his heart was “crying by the country father” on the net after broadcasting, “acting power There is a lot of posts that “Aoki’s sono-keiki fell in love with Hisamitsu” and “Yuka’s husband’s god”.
Meanwhile, a comedy project “Kunio Fudchan” that Hisamitsu answered the viewer’s question, which started from the official website since the end of October, is also gaining popularity as “too funny” and “a terrible project in the end …”.

Pocket



最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければうれしいです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ