米国と中国の貿易戦争の「大規模な拡大」の後、次に何が起こるか? ①

China’s new tariffs will be levied at rates of 5% or 10%, depending on the product, from the same date, the Chinese government said.
More than 5,000 US goods will be affected, including meat, nuts, alcoholic drinks, chemicals, clothes, machinery, furniture and auto parts.
中国政府は、同じ日から、製品に応じて、5%または10%の料金で徴収されることを明らかにした。
ナッツ、アルコール飲料、化学薬品、衣類、機械、家具、自動車部品など、5,000以上の米国製品が影響を受ける

The clash between the world’s top two economies is already hurting companies on both sides of the Pacific. The latest US move means roughly half of the products that China sells to the United States each year will be hit by American tariffs.
President Donald Trump on Tuesday defended the latest trade move against Beijing.
“We’re doing a very good job with China,” Trump said in the Oval Office. “China has been taking advantage of the United States for a long time and that’s not happening anymore.”
世界のトップ2の経済の衝突は、すでに太平洋の両側の企業を傷つけている。最新の米国の動きは、中国が米国に毎年販売している製品の約半分が米国の関税に当たることを意味する。
ドナルド・トランプ大統領は、火曜日に、北京に対する最近の貿易交渉を擁護した
“私たちは中国と非常に良い仕事をしています”とトランプは楕円形のオフィスで言いました。 「中国は長い間米国を利用してきたが、それはもう起こっていない」

The Trump administration is trying to pressure Beijing to change its behavior, accusing it of overseeing the theft of US intellectual property and boosting Chinese companies through aggressive industrial policies. The Chinese government dismisses the criticism as groundless, even though American and European firms operating in China frequently complain about the issues.
What does China do next?
トランプ政権は、米国の知的財産権の窃盗監督し、積極的な産業政策を通じて中国企業を増強すると非難し、行動を変えるように北京に圧力をかけようとしている。中国政府は、批判を根拠のないものとして却下しているが、中国で働いている欧米の企業は、この問題について頻繁に不平を言っている。
中国は次に何をしますか?

China had already gone blow for blow with the United States on tariffs on more than $50 billion of each other’s goods this year. But its options for responding further are getting increasingly complicated.
The White House warned Monday that it would respond to any retaliation from Beijing with yet more tariffs on roughly $267 billion of Chinese exports. That would mean the US measures effectively cover all the goods China sells to the United States each year (the total for 2017 was about $506 billion).
中国は、今年、お互いの財産を500億ドル以上上回る関税で、米国との打撃で既に打撃を受けていた。しかし、それに対応するためのオプションはますます複雑になっています。
ホワイトハウスは、北京からのいかなる報復に対しても、約2670億ドルの中国輸出に関税を付けることに対応すると警告した。それは、米国の措置が、中国が毎年米国に販売しているすべての商品を効果的にカバーしていることを意味する(2017年の合計は約5006億ドルだった)。

China has a smaller target to aim for in response: it bought around $130 billion of US products last year, according to US government figures.
The tariffs announced by Beijing on Tuesday reflect the dwindling amount of goods on which it can impose new tariffs. The tariff range of 5% to 10% is lower than the 5%-to-25% range China had threatened in early August. That leaves it the option of ramping up the rates at the end of the year when the US tariffs rise from 10% to 25%.
“China has been unable to match the US dollar-for-dollar in this round of tariffs, so a key question is what other steps China might take,” Mark Williams, chief China economist at research firm Capital Economics, wrote in a note.
中国政府は、昨年、米国製品のうち約1,300億ドルを買収したとしている。
北京が火曜日に発表した関税は、新しい関税を課す可能性のある品目の減少を反映している。 5%から10%の関税範囲は、8月初めに中国が脅かした5%から25%の範囲よりも低い。これにより、米国の関税率が10%から25%に上昇する年末に料金を引き上げるオプションが残っている。
リサーチ会社Capital Economicsの中国のチーフエコノミスト、Mark Williams氏は、「中国はこの関税撤廃で米ドルに匹敵することはできなかった。

Pocket



最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければうれしいです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ