米国と中国の貿易戦争の「大規模な拡大」の後、次に何が起こるか? (完)

Ahead of Trump’s tariff announcement late Monday, top White House economic adviser Larry Kudlow said the United States was still willing to continue its dialogue with China.
“We stand ready to negotiate with China anytime, if they are willing to engage in serious talks,” Kudlow said at the Economic Club of New York.
ホワイトハウスの経済アドバイザー、ラリー・クードロウ最高経営責任者(CEO)は、米国は依然として中国との対話を続けようとしていると述べた。
クッドロウ氏は、ニューヨーク経済クラブで、「真剣な交渉に参加したいなら、いつでも中国と交渉する用意がある」と述べた。

Several previous rounds of talks between the two sides failed to achieve any breakthroughs. Analysts are skeptical China will be willing or able to do enough to satisfy the Trump administration on some of its key concerns, including Chinese efforts to get hold of US technology and Beijing’s ambitious industrial policies.
両国間の協議のいくつかの前回のラウンドは、いかなるブレークスルーを達成することもできなかった。アナリストは懐疑的だ中国は、米国の技術と北京の野心的な産業政策を握るための中国の努力を含む、主要懸念の一部についてトランプ政権を満足させるのに十分な努力を惜しまないだろう。

“The principal objective of the tariffs is probably not to bring Beijing to the bargaining table,” Arthur Kroeber, a senior analyst at research firm Gavekal said in a note Tuesday. “Rather, it is to force US multinational companies to pull back their investments in China, so that the interdependence of the two rival economies is reduced.”
“Against this aim,” he added, “no possible offer by China can cause the tariffs to be lifted.”
調査会社ギブカル(Gavekal)のシニアアナリスト、アーサー・クロバー氏は、「関税の主な目的は、おそらく北京を交渉表に導くことではない」と述べた。 「むしろ、米国の多国籍企業が中国への投資を取り戻すようにすることで、両国の相互依存関係が縮小される」と述べた。
「この目的に対して、中国による提案は、関税引き上げを引き起こす可能性はない」と付け加えた。

CNN’s Serenitie Wang, Yong Xiong, Matt Rivers, Donna Borak, Katie Lobosco and Kevin Liptak contributed to this report.

Pocket



最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければうれしいです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ