米国で進む量子コンピューティングの新たなツール開発  (完)


量子コンピューティングは、従来型のコンピューティング・アーキテクチャの置き換えを目指すものです。従来型のアーキテクチャの処理は、1か0という2通りの状態を採ることのできる「ビット」という情報の単位を用いて行われます。これにに対して原子レベルの仕組みを用いる量子コンピューティングでは、複数の状態を同時に扱いながら処理を行うことが可能です。
Quantum computing aims to replace the traditional computing architecture. The processing of the conventional architecture is performed using the unit of information “bit” which can take two states of 1 or 0. On the other hand, in quantum computing using an atomic level mechanism, it is possible to process while handling multiple states simultaneously.

情報の単位も「量子ビット」あるいは「キュービット」と呼ばれて区別されます。量子コンピューティングを、現実に従来型のコンピューティングよりも強力なものとするためには、依然として、根本的なレベルの科学的障害をいくつも乗り越えなければならない状況です。
The unit of information is also called “qubit” or “qubit” and is distinguished. In order to make quantum computing really more powerful than traditional computing in reality, we still have to overcome a number of fundamental levels of scientific obstacles.

それでも、最終的な性能はもちろん、扱える計算の複雑性についても、量子コンピューティングは従来のシステムをはるかにしのぐ存在となることが確実視されています。量子コンピューティングに関連する理論は、何十年も前から存在していましたが、実際のアーキテクチャの開発状況が加速したのは、ここ最近のことです。それは、IT業界の巨大企業がこの技術に多額の投資を始めたためでした。
Nevertheless, it is ensured that quantum computing will surpass the conventional system, not only for the final performance but also for the computational complexity that can be handled. Although the theory related to quantum computing existed for decades, it has been recently that the development situation of the actual architecture accelerated. It was because a huge enterprise in the IT industry began to invest heavily in this technology.

ムーアの法則の終焉など、現在のコンピューティング・アーキテクチャが限界を迎えつつある一方で、5Gネットワークや自動運転車などの新技術は、これまでよりはるかに複雑なデータセットを大量に生み出し、その処理のために圧倒的なレベルの計算能力が必要になることが予想されており、企業はこの状況に懸念を抱いているのです。
While the current computing architecture, such as the end of Moore’s law, is reaching its limits, new technologies such as 5G networks and automated driving vehicles generate massive amounts of much more complex data sets, It is expected that an overwhelming level of computing power will be required for the company, and companies are concerned about this situation.

こうした状況の中で、ストレンジワークスが自社のサービス開発で提携しているIBMは、昨年、IBM Qネットワークと呼ばれるサービスを発表しました。これを利用すると、ユーザは量子コンピュータを遠隔から操作して、その仕組みを学習したりプロジェクトの開発を始めることがでるとのことです。
Under these circumstances, IBM, which Strangeworks has tied up for its service development, last year announced a service called the IBM Q network. By using this, users can learn quantum computers remotely, learn the mechanism and start developing projects.

また、ストレンジワークスは、プログラミング技術に関するナレッジコミュニティであるスタック・オーバーフローと共同で、開発者に向けた量子コンピューティングのQ&Aサービスのクアンタム・コンピューティング・スタック・エクスチェンジを開設し、この分野における啓蒙活動も推進しています。
Also, in collaboration with stack overflow, which is a knowledge community on programming technology, Strange Works has established Quantum Computing Stack Exchange of Quantum Computing Q & A service for developers, and enlightenment activities in this field also We are promoting.

量子コンピューティングが日常的な存在となるには、まだ少し時間がかかりますが、そのための備えは、今から始めても早すぎるということはないのです。
Quantum computing still takes a while to become a daily presence, but preparation for that will never be too early, even from now.



最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければうれしいです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ